ウルヴェさんに学ぶ、ストレスに強くなる体づくり

プロフィール写真

田中ウルヴェ京

1967年生まれ。ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト。米国大学院修士(スポーツ心理)。メンタルトレーニング上級指導士。IOCマーケティング委員。IOC認定アスリートキャリアプログラムトレーナー。報道番組・企業研修・講演・著書多数

今回は日常的にできるストレスに強くなる体づくりについてご紹介。どれも簡単なストレッチばかり。毎日の習慣にしてストレスに強い体に整えていきましょう!

 

 

[ ストレスに強くなる体づくりを ]

首をストレッチ

心の整理術 首

「首は自律神経の要。スマホやパソコンの使用でこりやすいので、ストレッチでしっかりほぐします」。片手で頭を押さえながら首の筋を伸ばすようにゆっくり横に傾けます。左右5回くらいずつ。

 

 

胸を広げる

心の整理術 胸

肘を90度になるように曲げて、肘から手の先を壁につけ、上半身をひねって胸を開きます。「普段使わない部分なので、意識的に行って筋肉を緩めてあげましょう」。気づいたときに左右計10秒程度。

 

 

上半身の
緊張をほぐす

心の整理術 上半身

 

「姿勢を支える背中の筋肉はつねに緊張状態なので、緩めることを意識しましょう」。椅子に座った状態で両手を頭の後ろで組み、ゆっくり息を吐きながら上半身をかがめます。おへそを見るようにしながら背中を丸めるのがポイント。

 

 

下半身の
血行を促進

心の整理術 下半身

脚の裏側をしっかり伸ばすことで下半身の血流を促進。座った状態で片脚を上げ、太ももの裏、膝裏を伸ばします。「つま先を上げ下げしたり、足首を回したりすると効果的。むくみの軽減にもなります」。左右5回くらいずつ行って。

 

 

 

次回は「ウルヴェさんが指導、ストレスは発想の転換を!」をご紹介します。

 

 

 

 

撮影/小山志麻〈ウルヴェさん〉 イラスト/かたおか朋子 取材・原文/矢沢美香(STRIPE) 撮影協力/白金imakara

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top