OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/155671/

花束の贈りものと近頃の娘弁当

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

先日素敵な花束をいただきました。
紫をメインにたくさんのグリーンを合わせた花たち、ボリュームたっぷりで華やかな雰囲気がとても気に入りました。
こんなに大きく立派な花束をいただく機会はそうないので、嬉しい気持ちでいっぱいに。
お花がくれるパワーって本当に偉大です。


見ていると吸い込まれそうな深い紫色のカラー。シックですらりとした姿は潔い華やかさを感じます。
爽やかな白もいいけれど、これから寒くなる季節には、こんな風にこっくりとした濃い色もいいものです。


幾重にも重なる花びらが可愛らしい八重咲きのトルコキキョウは、バラにも劣らない美しさ。
淡い紫が優しい感じを醸し出してくれ、癒しをもらえます。


ハート型の花が個性的なアンスリウム、実はサトイモ科に属していて、花言葉は「情熱」。
南国ならでは!という感じですね。

ハワイではバレンタインデーに贈る花として親しまれているようで、男性からこのアンスリウムの花束をもらえたら嬉しいだろうなぁ・・・なんて想像してしまいます。


ピンクのガーベラの花言葉は「感謝」。
大輪で存在感たっぷり、元気な印象のガーベラにはパワーと元気がたくさん詰まっているよう。

ガーベラは茎が繊細で折れやすいので、傷んでしまう前に少しずつカットしながら生けると長く楽しめます。


紫のカーネーションの花言葉は「誇り」、「気品」。
しっとり落ち着いた色が、きりっと花束全体を締めてくれているような印象を受けます。


私が誰かに花を贈るときは相手の雰囲気や人となりを頭に浮かべながら、一本一本吟味して選びます。
この花束もそんな風に考えながら選んでくれたのかな・・・と思うとより一層喜びが増します。
花好きの私にとって、この上なく素敵で嬉しいプレゼント。
長く楽しむ為に毎日水を替えフラワーベースをきちんと洗って、幸せな気持ちで日々眺めています。
ありがとう。

そしてこちらは、近頃の「娘弁当」一週間分。


鯵の南蛮漬け
甘い卵焼き
蒸しブロッコリー
梅ジャコごはん

 


鶏の照り煮
ほうれん草の胡麻和え
さつま揚げ
ゆで卵

 


ドライカレー
いろいろ野菜のピクルス
茹でオクラ
半熟卵

 


焼き鮭
サラダスパゲティ
さつまいもの蜂蜜がけ
蒸しブロッコリー
味玉

 


ライ麦パンのサンドイッチ
照り焼きチキン
マヨ卵
紫タマネギマリネ
トマト
レタス
デザートにオレンジ

 

娘曰く、ドライカレーとサンドイッチがお好みだったらしいです。
さあ、来週のお弁当は何を作りましょうか。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

<前の記事

<前の記事
第42回/コスモスと10月のおもてなし…

次の記事>

次の記事>
第44回/ドライフラワーと11月のテーブル…

この連載の最新記事

ヒヤシンスとデコレーション寿司

第71回/ヒヤシンスとデコレーション寿司

プロテアと2月のつくりおき

第70回/プロテアと2月のつくりおき

スプレーバラの花束と週末ブランチ

第69回/スプレーバラの花束と週末ブランチ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル