OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/162453/

コンビニより多い!?薬局、急増の理由とは?

藤田道男さん

藤田道男さん

1948年生まれ。医薬ジャーナリスト。薬業時報社(現じほう)編集長を経て「ファーマウィーク」「ドラッグ・ストア・トゥデイ」を創刊。退社後は医薬関連の執筆や講演活動を行う

「ただ薬をもらうところ」ではありません

薬局を使いこなせばイイコトあります!

 

病院や医師は選んでも、薬局まで選ぶ人はきっと少数派。でも、薬局によって値段もサービスも違うってご存じでしょうか? 薬局のあり方が変わりつつある今、知っておけば健康管理にも役立つ情報をお届けします。

 

医薬分業で増え続ける薬局。今やコンビニより多い

 

 

以前は病院内で出してもらっていた薬。でも今は、院外の薬局で受け取ることがほとんどではないでしょうか。

 

「薬局の数は全国で約5万8000店。コンビニの数より多いのです」と話すのは、医薬ジャーナリストの藤田道男さん。薬局が急増した理由は“医薬分業”にあるといいます。

 

 

「薬の処方は医師が、調剤は薬剤師が分担して行うという制度です。薬をたくさん出せば病院が儲かるという仕組みを変えることで、“薬漬け医療”や医療費が減らせるとの判断から、厚生労働省によって積極的に推し進められてきました」

 

ところが、院内処方の薬に比べて薬局では3倍以上の薬代がかかり、患者の負担が増える傾向に。しかも、薬局によって値段に違いが。 「大病院近くに軒を連ねる薬局を見かけると思いますが、それらは“門前薬局”と呼ばれます。特定の医療機関向けに特化し、薬の在庫などを効率化しているため、町の薬局より値段が安く設定されているのです」

 

 

イラスト/かたおか朋子 構成・原文/矢沢美香(STRIPE)

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
次の記事>

次の記事>
第2回/たくさんある薬局。いったい何が違うの?…

この連載の最新記事

健康測定やイベント!薬局の賢い活用法

第6回/健康測定やイベント!薬局の賢い活用法

信頼できる薬剤師を見つけることが大切!

第5回/信頼できる薬剤師を見つけることが大切!

薬局で感じる素朴な疑問(後編)ジェネリック医薬品は大丈夫?ほか

第4回/薬局で感じる素朴な疑問(後編)ジェネリック医薬品は大丈夫?ほか

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル