OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

春を待つ寄せ植えと日曜日の手作りパン

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

少しずつ気温が高くなってきて、春の足音が近づいてきていますね。
暖かくなってくると、花屋やホームセンターで色とりどりの花を見かけます。
葉牡丹やパンジーを使って玄関先用の寄せ植えを作ってみました。


様々な色や種類の豊富な葉牡丹は寄せ植えやアレンジ、切り花として人気のあるカラーリーフ。
花言葉は「祝福」「愛を包む」。
和風にも洋風にもアレンジ可能なので、合わせる花によってガラリと雰囲気が変わり、作る楽しさを味わえます。
贈りものにもぴったり!

今回は紫系と白×ピンクの二種類を選びました。


清楚な白いパンジーは他の花との相性がよく、春の寄せ植えにオススメの花。
薄くひらひらとした大きめの花びらは、可憐な印象です。


紫と黄色の小ぶりな花が可愛らしいビオラは、鉢植えや寄せ植えなどのわき役にぴったりで、とても人気があります。色も種類も年々豊富になってきているので、選ぶ楽しさもひとしお。

一般的に花びらの大きい品種がパンジー、小さい品種がビオラと呼ばれているそうです。


きらきらとしたシルバーリーフはクッションブッシュ。
ひとつの苗からこんもりと上向きに葉が茂るのが特徴で、銀色がかったそれは他の花たちを引き立ててくれます。


全て苗から選んだものを鉢に植え替えていく作業は、無心になれて、とても楽しい時間。
植物たちのバランスを考えたり、場所を悩んだり‥‥あれこれ考えながらオリジナルの寄せ植えが完成するのは、この上ない喜び。
早速玄関先に飾り、春の訪れを今か今かと待っているこの頃です。

<前の記事

<前の記事
第49回/オーニソガラムと女子会パーティー…

次の記事>

次の記事>
第51回/芽吹きの庭と春を感じるおもてなし…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル