OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/166382/

初サボテン、あなたは野菜?

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)、T-FM 『Renault Sunday voyage』日曜13時55分14時)、ベイネット コミュニティチャンネル(地上11ch:視聴エリアは江東区、中央区)『加藤紀子のぶらり下町のみある記』(毎月最終金曜23時~23時30分・再放送:金曜23時~23時30分)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

霜に怯えるあまり、この間までビクビクしていた野菜たちが、3月に入ったと知り、大きく伸びをするかのように姿勢良くスクッと土の上に。

そんな姿にニコニコしながら収穫を進めると、うっすら背中に汗・・。

冬の作業着もそろそろ終わりかな。

去年10月に植えた紅菜苔(こうさいたい)がようやく食べごろに。

紫色が抜けないようお酢を入れたお湯でさっと湯がいて、ごまペースト、お醤油、お砂糖で和えたら出来上がり!

サクサクの歯ごたえとオリジナルなぬめりは白ワインとの相性もぴったり、春野菜のスタートです!!

 

先日、46歳の誕生日旅行としてメキシコ・オアハカと、アメリカ・サンフランシスコを旅してきました。

どちらもグルメの街として人気が高く、どのような食材、お料理と出会えるのかワクワクを抱えて出発、まずは最初の街、オアハカに向かいました。

 

オアハカとはメキシコの南部にある街。

毎年行われる伝統行事「死者の日」のお祭りが有名で、最近では映画「リメンバー・ミー」の舞台としても人気を集め、街はたくさんの観光客で賑わっています。

 

到着翌朝、ホテルのマダムに日本からのお土産を渡しつつ、おすすめスポットを尋ねてみると、「オアハカには様々な“アルテサニア(民芸品)”の職人がいて、その村を巡ったあと今日開かれている大きな青空市場へ行くツアーがあるけどどうかしら?」と超ストライクなツアーを提案してくださり、迷うことなく参加決定!

 

ワゴン車に乗って、スペイン語と英語で説明してくれるガイドさんの元、“アレブリヘ”と呼ばれる木工工房での作業を見せてもらったり、

(木彫りされた空想上の動物の人形に、1点づつ手で模様をつけている職人さんたち。到底真似できない繊細な技を見せていただきました)

サント・トマス村の腰織り工房では織物体験!

村の女の子は4〜5歳から伝統の方法を親から学び、織っていくんだそう。

織物ができる女子ってステキ!と真似してやらせてもらいましたが、糸をどこに?そこに?混乱!となり、すぐさまリタイア。伝統の技の奥深さをここでも学ぶことが出来ました。

 

そしていよいよオコトラン村で行われている青空市場へ!

 

私にとって市場はアミューズメントパーク、鼻息荒く足を踏み入れてみると、噴水広場のような場所に所狭しと食べ物、生活用品、衣服、民芸品など様々なお店がギュギュッと並んでいます。

手編みのカゴやゴザもあれば(その場で編んでいるのを見て、カゴ好き、思わず吸い寄せられてしまいました)

靴で神経衰弱(トランプゲーム)が楽しめそうなお店もあれば

「こうやって使うのよ」と手織の布ベルトを丁寧に見せてくれた後、腰に巻いてくれるお母さんがいたりして、心はとにかく踊りっぱなし!

 

そしていよいよお野菜売り場を発見、駆け寄ってみるとキャベツやニンジン、アボカドなど馴染みのある野菜から「それはなんですか?」な初野菜がずらり!

その中でお野菜を売りながら作業をしている人がいたので、近づいて見てみると・・

ペラっとした緑のものを包丁を使わずにカットしてる・・・

もしかしてこれって・・・

サボテンだ!!

 

「ウチワサボテン」の一種だそうで、一枚づつトゲを取った後、味が入りやすいようにカットして売ったりするんだそう。

実は去年のモロッコ旅で食べたことがあったけど、葉(と呼ぶのかなあ?)を野菜としてみるのは初めて!!

どうやって食べたりするんだろう??と、お母さん方に話を聞くも・・

私にスペイン語が話せるわけがなく、両者英語も微妙ですね!なシチュエーションにてサボテンの調理法は謎に包まれることに(涙)。

他にも“メキシコ料理にチレ(チリ)は欠かせない”説を納得させるほどの、大きさも色も様々なチレが盛られたお店を通り抜け、「まだまだこれから!」と思ったところで集合時間が来てしまい、青空市場散策は残念ながら終了。

サボテン調理法の謎を残したまま旅を続けた数日後、答えが突然目の前に。

サボテン、そのまま焼いただけー!!

味染みこむとか関係ない調理法ー!!

素材そのものを楽しむー!!

 

あのお母さん方、「簡単よ〜焼けばいいのよ〜」って言ってたのかな・・と思うと、それすら汲み取れなくて本当にごめんなさい!の気持ちですが、初めて食べたサボテンはぬめりが楽しめて美味しかったです。

 

こうしてオアハカの旅は新しいを知るの連続でまだまだたくさんの発見が!

ところ変わると野菜も変わる!

次回もオアハカ野菜のお話綴りたいと思います、是非お付き合いください!!

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

<前の記事

<前の記事
第29回/野菜をゆっくり味わうための作戦!…

次の記事>

次の記事>
第31回/メキシコ、オアハカで最高の食事!…

この連載の最新記事

旬のキャベツ、食べ尽くす!

第46回/旬のキャベツ、食べ尽くす!

畑チャンネル、配信スタートしました!

第45回/畑チャンネル、配信スタートしました!

きゅうりの継ぎ木で見えたのは・・

第44回/きゅうりの継ぎ木で見えたのは・・

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル