OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/170858/

ストンと眠れる「魔法の呼吸法」

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。

記事一覧を見る

こんにちは。眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

日本は今までなかった10連休に突入しました。

ウキウキですか? それともどんより?

 

10連休まるまるお休みの人は3~4割程度ともいわれ、それ以外の方は交代で勤務とか、サービス業で稼ぎ時など様々な連休ですよね。

 

国内外に旅に出たり、親戚や友達との会食があったりなど、どうしても普段のペースとは異なります。会社や学校がないため、食事の時間も家族でまちまちだったりすることから、生活のリズムも乱れがちです。

 

そんな時に起きるのが不眠。

 

あれもこれもと思うとドキドキしたり、せわしなく動くことで交感神経が優位になったりして、どうも「落ち着いて眠れない」なんてこともあります。海外で寝床が変わって緊張してしまう場合も。

 

そこでどこでも誰にでもできる対処法をひとつ。

「4・7・8呼吸法」です。

 

道具などは必要ありません。

静かな場所、ベッドに入って横になってからでも構いません。

 

1) 4秒 鼻から息を吸う

 

2) 7秒  止める

 

3) 8秒  口から息を吐く

 

これを数回繰り返します。

 

その時に目をつぶり、「(私は)呼吸をしている。呼吸をしている」これだけを考えるようにしてください。他のこと、例えば「明日は雨かしら?」とか、別の事に気をとられたとしても、すぐに「呼吸」に意識を戻してください。

 

しばらく何回か続けていると、気が付かないうちに、ストンと眠っていますよ。

呼吸法もいくつかありますが、寝付きやすくするものをご紹介しました。

 

気持ちがザワザワする時も有効です。

では、今宵も良い眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

https://nemurinochikara.com/

<前の記事

<前の記事
第15回/「春眠暁を覚えず」‥でも辛くなく起きるには?…

次の記事>

次の記事>
第17回/肌や脳だけでなく年齢により「劣化」するものといえば?…

この連載の最新記事

手作りバスソルトでホットフラッシュ対策も!

第38回/手作りバスソルトでホットフラッシュ対策も!

キッチンで見つけた!入浴剤になる5つのもの 

第37回/キッチンで見つけた!入浴剤になる5つのもの 

手作りバラ石けんで、よい風呂、よい睡眠

第36回/手作りバラ石けんで、よい風呂、よい睡眠

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル