OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

芍薬の贈りものと紫陽花テーブル

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

毎年、芍薬の咲く季節に素敵な贈りものが長野から届きます。
私の好きな花ベスト3に入る芍薬、いつもこの時期に抱えきれないほどたくさんいただくのは本当に嬉しいもので、毎回箱を空ける瞬間はワクワクした気持ちが溢れ出ます。


生産量が全国一位の長野県産の芍薬は、優良な農地で時間をかけて株を養成しているので、一輪一輪がとても立派で花持ちがいいのが特徴だそう。
わが家に届いた時には固い蕾のままですが、茎をカットしフラワーベースに生けると少しずつ開いてきて、大輪の花が咲いていきます。
蕾に蜜がついている場合は、濡れた布などで優しくふき取ると上手に開きますよ。


鮮やかな濃いピンクと薄いピンクの芍薬をミックスして飾ると、見慣れたいつもの部屋が瞬時に華やかな空間に変わります。

蕾の状態からほんの少し花が開いてきた、カップのようなコロンとした状態がとても好きなので、そんな姿を見ながら、このまま時間が止まってくれないかな・・・なんていつも思う私。
少し花が開くとそこからはあっという間。手のひらほどの大きさに咲き、すぐにはらはらと花びらが散ってしまうからです。
でも散ってしまうからこその美しさもあるのでしょうね。

花が満開のときは、深呼吸をすると芍薬独特の芳醇な香りに心から癒されます。


毎日水を替え、茎を何度か短くカットすると、後半は白みがかったピンク色に変化していき、約2週間キレイな姿を楽しむことが出来ました。


こちらの白い芍薬は友人の庭で咲いたもの。
うっすらと赤い模様が入っている花びらは、可憐でとても可愛らしい。
わが家で咲いているクリスマスローズと合わせてしつらいました。
ベースに生ける時は水に浸かる部分の葉を全て取ると、より花持ちがよくなります。

 

限られた期間ですが、今年も存分に芍薬の美しい姿を堪能することができました。
どうもありがとう。

<前の記事

<前の記事
第54回/娘からの花束と初夏のバーベキュー…

次の記事>

次の記事>
第56回/紫陽花と6月のおもてなし…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル