OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/176138/

紫陽花と6月のおもてなし

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

わが家の紫陽花が満開を迎えています。
毎年微妙に異なる色の花が咲くのですが、今年は紫寄りの、まあるくぽってりとした花がたくさん咲きました。
葉も茎もしっかりとしていて、とにかく花持ちがよいのが特徴。


フラワーベースに生ける時は、水に浸かる部分の下葉を全て取りのぞき、茎だけが浸かるようにし、毎日水を替えて清潔な状態を保てば、かなり長い期間楽しむことが出来ます。

 

早速何本かカットし、毎年わが家の紫陽花を楽しみにしてくれている、近くに住む友人たちにおすそ分け。
みんな一様に笑顔を受かべて喜んでくれ、私自身の楽しみにもなっています。


昔、私が小学生だった頃、実家に真っ白な紫陽花がたくさん咲き、この時期よく教室へ持って行ったものです。
担任の先生が女性だったこともあり、家で咲いた花を持って行くととても喜んでくれ、すぐ教室に飾ってくれました。
私は喜ぶ先生の顔を見るのがすごく好きだったし、そして自分の家に咲いている花を教室で授業中にも眺められることがとにかく嬉しかった・・・という記憶があります。

だからでしょうか、今でも私は花を贈ること、そしてもらうことが大好き。きっとこれからもずっと続く、大切な習慣・・・になると思います。


わが家の紫陽花を贈ったお返しに、友人宅で咲いたものをいただきました。

種類の違うこちらも紫陽花。
ぱっと目を引く赤紫色と少し控えめな小花が可愛く、早速テーブルに飾りました。
雨が続く梅雨の時期でも癒されます。


さて、6月のおもてなし会を開催しました。


ハニーローストナッツのブルスケッタ。
ナッツ類は女性に嬉しい栄養成分がたくさん!
マスカルポーネチーズと組み合わせて、おかわりしたくなるおいしさです。


オレンジとバターを効かせたポークソテー。
爽やかな風味の肉料理です。


ショートパスタのパエリア。
海老、イカ、ホタテなど、たっぷりのシーフードと一緒に炊き込んでボリュームたっぷり!


葡萄のジュレ。
2色の葡萄を使って、夏にぴったりのデザート。
粉寒天を使うと固まるのが早く、すぐに食べることができます。

 

みなさんと、おいしく楽しくいただきました。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

<前の記事

<前の記事
第55回/芍薬の贈りものと紫陽花テーブル…

次の記事>

次の記事>
第57回/カシワバアジサイと娘の誕生日…

この連載の最新記事

ヒヤシンスとデコレーション寿司

第71回/ヒヤシンスとデコレーション寿司

プロテアと2月のつくりおき

第70回/プロテアと2月のつくりおき

スプレーバラの花束と週末ブランチ

第69回/スプレーバラの花束と週末ブランチ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル