OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

夏の畑、野菜とともに待っているのは・・・

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)、T-FM 『Renault Sunday voyage』日曜13時55分14時)、ベイネット コミュニティチャンネル(地上11ch:視聴エリアは江東区、中央区)『加藤紀子のぶらり下町のみある記』(毎月最終金曜23時~23時30分・再放送:金曜23時~23時30分)にレギュラー出演中。

記事一覧を見る

いよいよ夏野菜の収穫が始まったー!

長く降り続いた雨や急激な気温の上昇にも耐えて、トマトにきゅうり、なすにトウモロコシ、枝豆、空芯菜やモロッコインゲンなど、色とりどりの野菜たちが、ようやくプクリと実を膨らませ、その姿を見せてくれるようになりました!

今年はこのような形の“ロッサビアンコ”ナスも。

おしゃれなイタリアン的ネーミングのナスなのに、味噌田楽で食べようと目論む昭和生まれファーマー。

(頭ではオリーブオイルとモッツアレラ&モモ&ミントで食べると映えるんだろうなあ・・と思うものの)

 

と、夏野菜にキャッキャする一方で、この時期大変なのが・・・

 

蚊!!!

 

多くの方が畑で野菜を作っているというと、「日焼けは大丈夫?」と心配してくださいますが、夏の日焼けよりも厄介なのは実は”蚊”なんじゃないかと個人的には。

 

涼しいタイミングを見計らって朝、もしくは雨上がりの夕方に、葉を避けながら収穫したり、土にかぶせていたマルチシート(野菜を育てる過程で地中の温度調整や雑草除けなどしてくれるビニールシート)を片付けようとしたり、いや、草むしりでもなんでも、黙々と両手を使って作業をしていると知らない間の蚊攻撃。

 

「イエーイ!!腹ペコっすー!いっただきまーす!」ぐらいの勢いでチクチクチューチュー。

それも直接肌に刺すパターンから洋服の上からもパターンまで「できる限りなんだって吸ってみる」精神で挑まれ、先日は作業を終えた直後、なんだか眉間が痒いなあ・・と鏡を見たら、3つめの目が出来たのかと思うぐらいの刺し穴が開いており、慌てて虫刺され薬を塗ったら患部の眉間よりも目がスースーして無駄な涙ポロリ。

(しかも1週間も腫れが引かないってどんな虫だったのか、顔が見てみたい)

 

昨日も枝豆を土からごっそりと抜き、「葉と土を落として帰りましょう」と枝をハラハラ揺すってみると、葉っぱの上でくつろいでいたと思われるカメムシが「何すんだ!」の勢いで、こちらめがけて飛んできて、「イヤイヤ、驚かす気ではありませんでしたが」とこちらもびっくりしながらサっと手でつかんで追い払うと、「は〜・・・指先全部がカメムシの匂い〜 邪魔した私の負けです〜」と再び涙してみたり。

(調べてみると“カメムシ”というのはカメムシ科に属する虫の名前の総称らしく、我が枝豆に付いているのは何カメムシでどんなふうにくつろいでいるのだろう?

さらにカメムシが放つあの独特な匂いの意味は身を守る以外に求愛も意味するそうで・・・だとしたら嫌いになれないー♡となれたなら。)

 

<前の記事

<前の記事
第33回/発見だらけのそら豆物語…

次の記事>

次の記事>
第35回/忘れない令和初の夏…

この連載の最新記事

秋の始まり、ナス三昧

第36回/秋の始まり、ナス三昧

忘れない令和初の夏

第35回/忘れない令和初の夏

夏の畑、野菜とともに待っているのは・・・

第34回/夏の畑、野菜とともに待っているのは・・・

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル