OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「大変さを上回る、心動くことがある」MIND

男女ともにファンの多い人気美容エディター、松本千登世さん、連載「もう一度、大人磨き」も人気です。仕事、コミュニケーション、これから先の未来への考え方など、彼女のマインドには、私たちが目指したい大人の女性像が見えてきました。

 

 

MIND

「千登世さんを嫌いな人はいない」。人に優しく寄り添う彼女には、しなやかでポジティブな心意気が

松本千登世さん 後ろ姿

松本千登世さん

Chitose Matsumoto

1964年生まれ。美容エディター。客室乗務員、広告代理店勤務、出版社勤務を経てフリーランスに。多くの女性誌で美容コラムを連載中。近著に『もう一度大人磨き 綺麗を開く毎日のレッスン76』(講談社)がある

 

 

 

WORK

「大変さを上回る、心動くことがある」

仕事が好きです。思うようにならないこともあるし、恥をかいたり、叱られることもある。自分が正しいと思っても、やってはいけないこともある。例えば編集の仕事なら、ひとつひとつ自分の責任で判断をして、決定を下して、チームみんなが納得できる仕事になるよう努力します。ある部分、面倒だったり、たまにイヤな思いをする場合もあるけれど、大変さを上回る心動くことがあります。長い長い恋愛みたいな感覚かなあ。

松本千登世さん 文具

東京・代々木八幡「HININE NOTE」で作った名前入りのノート。万年筆は、使いこなす大人に憧れて20年以上前に購入した「ペリカン」のもの

 

 

COMMUNICATION

「ひと言添えると、人の役に立てるのかもって」

「穏やかな空ですね」とか「気持ちのいい午後ですね」など、メールの最後に本題とは関係ないひと言を添えるようにしています。ビジネスメールだと、こういう無駄な言葉を省いてほしい人もいるかもしれない、と思いつつ。天気や空や風を感じて、相手に伝えることで、自分も季節を感じるようになりました。もしかしたら、そのひと言が誰かの役に立つかもしれない、そうだといいな、と思いながらメールを締めくくっています。

松本千登世さん 手紙

手紙は不得手ですが、粋な手紙に憧れが。上質な便箋に縦書きで。日本語は縦書きが書きやすいから

 

 

COMMUNICATION

「頭の中に、好きな人しか残さない」

誰かにイラッとしたときは「ああ、この人の家族じゃなくてほんとによかった」と思います(笑)。「人の悪口を言わないね」と言われるけれど、私、本当は誰よりも頭の中で、瞬間的に悪態をついている気が。でも、悪口を言うのは、その人のことを考えているからこそ。イヤな人のことは考えたくないから、すぐ頭から排除します。好きな人の話をしているほうがずっと楽しいし。だから、頭の中には好きな人しか残しません。

 

<前の記事

<前の記事
第2回/人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「他人の美しさが羨ましくなることもあるけれど…」LIFESTYLE…

この連載の最新記事

人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「大変さを上回る、心動くことがある」MIND

第3回/人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「大変さを上回る、心動くことがある」MIND

人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「他人の美しさが羨ましくなることもあるけれど…」LIFESTYLE

第2回/人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「他人の美しさが羨ましくなることもあるけれど…」LIFESTYLE

人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「きれいにくずれる、を目指してる」BEAUTY

第1回/人気美容エディター松本千登世さんの素顔/「きれいにくずれる、を目指してる」BEAUTY

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル