OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

夏のブーケと息子の誕生日

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る


贈りものにブーケを仕立てました。
花屋で選んだ真っ白のトルコキキョウ、そして明るいグリーンのカーネーション。
まずはこの2種類をメインに爽やかな雰囲気のブーケを頭の中に浮かべてみて、そこへ相性のよさそうな葉物や実ものを選んでいきます。


細く枝分かれした茎にたくさん白い小花が咲いているのはスターチス。
日持ちがよくこのまま自然にドライになり、人気のある花です。


わが家の庭に植えてあるユーカリポポラスはハサミで茎をカットすると清涼感ある香りが広がり、とても清々しい気分に。
ユーカリは鎮静作用や空気清浄の効果があるそうなので、このまま部屋に吊るして飾ることも多いのですが、ボリューム感を出せるので今回のようにブーケのわき役として使うのもオススメです。


ハランもわが家の庭から摘んできました。
大きく存在感のある葉は、ブーケやアレンジに使うのはもちろん、料理の盛り付けにも利用できるので、炊き込みご飯やおかずの下に敷いたり、お正月に・・・と時折登場します。


艶のあるグリーンの実ものはヒペリカム。こちらは花屋で購入しました。
つるんとしたまあるい実がとても可愛らしい植物は、様々な花との相性がよく、ブーケ全体の雰囲気を柔らかくしてくれます。


同じ種類の花を近くにまとめるグルーピングというアレンジの方法で形を作り、周りに葉や実ものをあしらい、バランスを見ていきます。
少し離れたところから全体像を見てみると、多すぎるところや、逆にすき間が空いている場所などが分かるので、細かな調整をし、麻ひもで固めに結わきます。


そしてナチュラルなベージュのワックスペーパーをくるりと巻き、ラフィアできゅっと結んだら、夏ブーケの完成。
贈った相手にとても喜んでもらえ、私自身も久しぶりにブーケを仕立てられて、とても幸せな気持ちになりました。

<前の記事

<前の記事
第57回/カシワバアジサイと娘の誕生日…

次の記事>

次の記事>
第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル