OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

夏のミニブーケと冷たいデザート

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る


暑い日が続きますが、そんなときでも大好きな花を飾ることは欠かさずしています。
日々生活する上で、ふとした瞬間、目に入ってくる植物の力にはとても癒やされます。

 

ほんの1、2輪の花と少しのグリーン、それらを小さなフラワーベースや瓶にしつらえ、ダイニングやリビングのテーブルにそっと置いておくのが私の暮らしの日常。その時の気分で花を選ぶことが多いのですが、やはり旬のものには自然と目がいき、気がつくと手にしていることが多いかもしれません。

 

まずはメインの花を決め、それに合うグリーンや小花を選び、庭にある植物を組み合わせたりしますが、その場合はカットしたユーカリやアイビーなどを選ぶことが多いです。


淡いオレンジのバラに可憐な白い小花のかすみ草、庭からカットしたアスパラガスの葉を合わせ、りんごジュースの小瓶にしつらえました。

 

ビタミンカラーの花を選ぶときは元気が欲しいとき・・・という話を聞きますが、このときは私自身、夏の疲れが少し溜まっていたのでしょうか。明るいバラに自然と手が伸びました。

 

気温の高い日でも、毎日キレイな水に替えて瓶をきちんと洗い、清潔な状態を保ち、直射日光の当たらない、なるべく涼しい場所に置くと、比較的花が長持ちすると思います。
花屋さんでいただく延命剤を使うのもオススメ。最近は大きなボトルで販売されているので、わが家ではこの延命剤を常備しています。


白と明るいグリーンのトルコキキョウは、涼やかで爽やかな雰囲気。花屋さんでは八重タイプのものを見かけることが多く、エレガントな印象を受けます。

こちらには紫のスターチスと庭でカットした斑入りのアイビーを合わせ、お気に入りの円錐形ベースにしつらえました。
メインの花を4、5本ほどにまとめると、ダイニングテーブルやコーヒーテーブルに飾りやすいサイズになりました。

 

もう少し暑い日が続きそうですが、上手に花を楽しみたいものです。

 

<前の記事

<前の記事
第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき…

次の記事>

次の記事>
第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし…

この連載の最新記事

イブピアッチェとおもてなしランチ

第62回/イブピアッチェとおもてなしランチ

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル