なぜツボがきくの?/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく、毎日のツボ

 

 

第1章 ツボ押しで元気!

 

自分の体にきく、お気に入りのツボを見つけよう

 

 

「ツボ」はひとつひとつが独立したものではなく、体全体を繫げるポイントとして存在しています。中継点のようなものだと思ってください。その「ツボ」は「気」の通り道である縦に流れる「経絡」のライン上に位置し、12とおりあると考えられていて、東洋医学の「気」「血」「水」が巡る大切な通り道です。

 

その流れはまるで血液循環のように規則正しく「肺経(ハイケイ)」から「肝経(カンケイ)」まで巡っていき、また最初の「肺経」に戻るといった具合。

 

そんな経絡の道にポイントとして「ここだよ!」と言わんばかりに存在するのがたくさんの「ツボ」なのです。また、そこは東洋医学で最も大事とされている「気」の発生する場でもあります。

 

 

体が不調を訴えるとき、現代医学でもそうですが、血液循環の滞りが生じていると考えられています。東洋医学ではその「気」「血」「水」の滞る場所が紛れもない「ツボ」なのです。そんな滞りを押すことで「気」「血」「水」の流れが正常になり、結果、体の不調が軽減されていくわけです。なのですぐきく「ツボ」もあればじわじわきくツボもあるわけです。

 

私たちがふだんからお気に入りを「ツボ」と言ってみたり、どうしてもはまってしまうことを「ツボにはまる」と言ったり、「ツボを得た」などとも使われることがあります。

 

なにげなく口にしている「ツボ」と同じように、体にきくたくさんのツボの中から、自分にとって良い「ツボ」、お気に入りの「ツボ」を見つけてください。

 

 

 

013-01_Web用

〈注〉表記したツボは数多くあるツボから選んだもので、体全体のツボを表したものではありません。

 

 

 

 

 

次回は、知っておきたい「経路」について、4回に分けてご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第3回
なぜツボがきくの?/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top