OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ご存知ですか?”秋バテ”

夏が終わって9月に入ったと思っていたら
あっという間に9月も下旬、
秋の季節がますます深まって来ましたね。

 

秋バテ

 

実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋・・・
楽しみが沢山ありますね。
食べ物は美味しくて
気候はとっても良いのだけど
何となく体調が悪い、
冷え・だるさ・疲労感
肩こり・頭痛がひどいなどの症状が
出ている方が多いようです。

 

 

 

今日の毎日YOJOは『秋バテ』についてお話します。
夏バテは知っているけれど、秋バテもあるの?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
夏の冷房や冷たい物を飲んだり、食べたり
冷たい物のとりすぎから体の芯は冷えています。

夏から秋の寒暖差に体の調整が上手くできずに
体調を崩してしまう、それが『秋バテ』です。

 

 

 

秋バテの予防・改善方法には
 体の内から外から温める事です。

 

 

 

ウォ―キングやストレッチなどの
適度な運動で体を動かす事

そしてゆっくり入浴する事です。

 

 

日本では、湯治という言葉があるように
体を温めることで、細胞が活性化され、
新陳代謝を促進、疲労回復、
免疫力や自然治癒力を高めます。
ストレス解消・リラックス効果もあります。

 

 

 

簡単な予防・改善法ですが
意識しないとついつい忘れてしまいがち
意識してちょっとした合間に体を動かす
~しながら法』
テレビを見ながら、料理をしながら・・・
体のストレッチや体をさすったり
秋の良い季節、外の景色を見ながら散歩したり
外出した時に、ちょっと遠回りして
歩く距離をほんの少し多く歩いてみるなど
自分が心地よく出来ることを
日常の生活の中に取り入れてみて下さい。

 

 

 

秋から冬の準備として入浴からあがる時に
手足の末端部分にシャワーで水をかけると
冷えむくみの予防になります。
寒くなる前に是非、おすすめです。

 

 

 

笑顔で元気に素敵な毎日YOJOを~♪

 

『新陳代謝をよくする入浴法』

お湯の温度は42 度で。

1. 全身浴で3 分。

 心拍数を上昇させ、新陳代謝を上げる。

 ※但し、3 分以上は代謝があがらなくなるので

 3 分まで。

2. 5 分休憩。(この間に体や髪を洗う)

3.1と2を3 回繰り返す(合計19 分間入浴する)

 ※3 回以上は体力が消耗してしまうのと、
効果がなくなるので3 回まで

 

 

『新陳代謝をよくするシャワー法』

温度設定42

(末端から膝・鼠径部・腋窩などリンパ節に向かって
10
往復ずつシャワーをかける。)


1.
左肩から鎖骨部分に向けてかける。

  次に右肩から鎖骨部分に向けてかける。

2. つま先から鼠径部に向かってかける。

3. 手の先から脇に向かってかける。

4. 胸の部分・お腹の部分に

のノ字を描きながらかける。

 

おサルさん

 

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第6回/擦る、撫でることの効果について…

次の記事>

次の記事>
第8回/ゆがみを正して痩せやすい身体にする…

この連載の最新記事

怪我をしにくい体作りには、重心とバランスが大切

第50回/怪我をしにくい体作りには、重心とバランスが大切

下肢静脈瘤にならない方法

第49回/下肢静脈瘤にならない方法

効果あります! 毎日の温浴ケア

第48回/効果あります! 毎日の温浴ケア

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル