OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/26164/

厚く見えない、軽くて自然な、50歳からのご機嫌メーク!

厚く見えない、軽くて自然な、50歳からのご機嫌メーク!

 

ご機嫌でいるために―

オーガニックコスメの仕事をしていると、

「吉川さんは、メイクは奨めない方と思っていました。」と、私がメイクを奨めることに驚かれる方がいます。

そうっか、オーガニックやナチュラルの仕事をしていると、ノーメイク派と思われてしまうのね。

ノーメイク派どころか、私はメイク推進派。

孔雀だって、バーときれいな羽を広げて見せるでしょ。クジャクの場合は、雄鶏だけど。

鳥だって、きれいなところを魅せるじゃない。

毛づくろいして、羽づくろいして、動物だって、きれいに飾って出てくるじゃない。

人間だって同じよ。

パジャマは、楽だけど、おうちからパジャマのままで出てこないでしょ。

ノーメイクは、パジャマのままでてくるようなもの。

それはルール違反だし、やる気が起こらない。それに、わざわざそれにやる気のないところを人に見せることもない。

吉川眉1

銀座の眉サロン「mime」の眉のためのシリーズ。

 

 

きれいになると気分がいい!

何だかんだと言っても、きれいになったら、気分が変わります。

私は、カウンセリングに来た人には、スキンケアを選んであげた後、メイクまでして差し上げるようにしています。

色選びだけは慎重にして、ファンデーションは、使い心地が軽くて、カバー力があってしかもカバーしても厚塗りに見えないものを選びます。

もちろん、肌に安心なものを選びます。

そして、必ずチークとグロスを塗り、眉尻を入れて差し上げます。

最後は、マスカラ。

そこで鏡を見てもらいます。

みんなニッコリ。固くなっていた心がパァ~と開くのがわかります。

女性は、女性ホルモンの関係で、気分の浮き沈みが激しいもの。

メンタルケアの方法はいくつも持っていたいものです。

メイクもその一つだと思います。

吉川ラヴェーラ

ここのファンデーションは、カバー力があるが、肌に安心。ドイツのラヴェーラのもの。

 

 

メイクは、タイムカードを押す前に

スタッフ研修も私の仕事。

主に販売員さんの研修ですが、見出しなみを教えるのも私の仕事。

「髪をブラッシングしてきてね。艶を出すと元気に見えるし、肌がきれいに見えるよ。」

「メイクは、してきてね。タイムカード押してからメイクするのはだめよ。」

プライベートではきれいにするが、仕事場できれいにしても損、と思っていませんか?

どちらもうんときれいにしていてね。

ノーメイクとナチュラルメイクは違う。

ナチュラルに美しく見えるメイクを身に付けたい。

きれいにしていると得よ~。

いいことがたくさん起こるから。

きれいにすること、身づくろいは自己管理。

自己管理のいい人には、よい仕事とよい運気が来ると確信!!しております。

吉川ジェーンアイルデール

アメリカのミネラルメイク、ジェーンアイルデールの製品。

 

 

吉川千明さんの毎日YOJO は こちら

<前の記事

<前の記事
第5回/どうあったってご機嫌!私の職場をご案内…

次の記事>

次の記事>
第7回/私を幸せにしてくれるもの…

この連載の最新記事

わたしが心からいいなと思うスキンケア

第65回/わたしが心からいいなと思うスキンケア

精神的なことは体に応えるよね!千明流こころの整理法

第64回/精神的なことは体に応えるよね!千明流こころの整理法

「まつ毛を育てよう!」閉経からのサステイナブルビューティ、後悔しない美容術

第63回/「まつ毛を育てよう!」閉経からのサステイナブルビューティ、後悔しない美容術

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル