ツボ押しQ&A/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第1章 ツボ押しで元気!

ツボ押しの疑問に答えます!

 

 

ツボ押しといっても、どんなときに行うのが効果的? 押しにくいツボはどうやって押せば? など、わからないことも多いと思います。

 

そこで今回は、よくあるツボ押しに関する疑問をQ&A方式でご紹介します。

 

 

 

 

Q

ツボ押しは、一日の中で
いつすればいいですか?

 

 

A

とくに決まりはありません。

お風呂あがりなどのリラックスしているときが最適ですが、手のツボはオフィスでの休憩時間や電車の中など、ちょっとしたあき時間でも押すことができます。

 

 

 

 

Q

背中のツボが押しにくいのですが、

ほかの人に頼んでもいいですか?

 

 

A

もちろん OKです。

ご家族やパートナーに押してもらいましょう。ツボを探すときの目安「指3本分」は、ツボ押しをされる人の指の幅になります。注意しましょう。

 

 

 

 

Q

指で押しにくい場所が
あるのですが…?

 

 

A

微妙に手が届きにくい場所などは、めん棒やマッチ棒を使ってみてください。わざわざツボ押しグッズを購入しなくても、ちょっと工夫すれば大丈夫です。

 

 

 

 

Q

胃にきくツボを押していたら、
なんとなく頰のシミが薄くなった気が…?

 

 

A

東洋医学ではひとつの不調を体全体の問題として考えるので、全身のバランスを整えていくと、肌が奇麗になることは珍しくありません。体をぽかぽかに温め、奇麗もいっしょに手にいれましょう。

 

 

023-02_Web用

 

 

 

次回は、ツボ押しの際の注意点をご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第12回
ツボ押しQ&A/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top