胃腸の調子を整えるツボ 「梁丘(リョウキュウ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。著書に『押せば変わる! 美人のツボ100』(集英社be文庫)『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第2章 生活習慣病にならないために

第2章では、具体的な症状別に効くツボについてご紹介していきます。

 

 

食べ過ぎたり飲みすぎたり…。ちょっとしたことで胃腸の調子が悪くなることはありませんか?

 

今回は、消化機能を回復させ、「胃腸の調子を整える」ツボをご紹介します。

 

 

 

 

忘年会に新年会、歓送迎会に暑気払い、ビジネスランチなどなど、世の中はご馳走の誘惑でいっぱい! 結局は飲みすぎ、食べすぎに繫がっていきます。そんな誘惑に弱い、愛すべき同志に、食べすぎ、飲みすぎで疲れた「胃腸の調子を改善して整える」ツボをご紹介します。

 

「梁丘(リョウキュウ)」といって、膝の上の山間のかけ橋のようになったところで、丘陵のようなところという意味のツボ。いわゆる膝のお皿の上の外角から、太ももに向かって指3本分上のところにあるツボです。

 

胃のもたれには、五臓六腑の「脾」と「胃」の働きがとても関係しています。口から取り入れた食物は胃で消化されて脾の臓で吸収され、力になるのですが、胃腸の機能が弱まると、それらの消化機能がうまくいかなくなります。

 

そこで「脾胃」のツボ「承満(ショウマン)」で胃腸の調子を整えて、胃のもたれやお腹のはりといった症状をなくし、消化機能を回復させましょう。

 

 

 

食べすぎ、飲みすぎで疲れた胃腸を元気にしてくれます!

 

038-03_Web用

 

038-02_Web用

「梁丘 (リョウキュウ)」

 

「梁丘」は、膝のお皿の上の外側角から太ももに向かって指3本分上のところにあります。

 

親指を重ねて、しっかり10秒間押し続けたら、ゆっくり離す。これを左右とも、5回ほど繰り返しましょう。

 

 

038-01_Web用

「承満(ショウマン)」

 

「承満」は、みぞおちとお臍の中央地点から左右に指3本分外側にあります。

 

中指をツボに当て、人差し指、薬指を添えて安定させ3本指でゆっくり20秒間押しては離す、これを5回ほど繰り返します。

 

 

 

 

 

次回は、なかなか人には言えない「痔の症状を緩和」するツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第23回
胃腸の調子を整えるツボ 「梁丘(リョウキュウ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top