むくみを解消するツボ 「志室(シシツ)」と「水分(スイブン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第2章 生活習慣病にならないために

第2章では、具体的な症状別に効くツボについてご紹介していきます。

 

 

 

食生活の乱れなどから生じる「むくみ」の症状は、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

 

今回は、水分調整の働きをし、「むくみ」を解消してくれるツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

朝起きたら、顔がむくんでいてムーンフェイス! 昨日飲みすぎたかな? と反省材料が思い出せる「むくみ」なら、すぐに解消できます。

 

でも、日頃の疲れなどで代謝が悪くなり、主に顔や脚、目蓋(マブタ)などにむくみの症状が現れてくることもあります。

 

腎臓病や心臓病などの持病をかかえている人は、日頃から気をつけていると思いますが、病院に行ってもとくに異常がないとか、深酒のような反省材料の思い当たらないむくみの場合、改善方法として、夜は水分を控えたり、足を高くして寝たり、入浴時にふくらはぎを揉んだり、足首を回したりして、代謝を良くすることをおすすめします。そのうえで、水分調整の働きをする「志室(シ シツ)」というツボ押しをしましょう。

 

「志室(シ シツ)」は、背中のウエストライン上で、背骨から左右に指4本分外側にあるツボです。息を大きく吸ってゆっくり吐きながら、約10秒押し続けるのを5回ほど繰り返します。

 

 

 

息を大きく吸ってゆっくり吐きながら約10秒押し続けます!

 

048-03_Web用

 

048-01_Web用

048-02_Web用

「志室(シシツ)」「水分(スイブン)」

 

「志室」は、背中側のウエストライン上で、背骨から左右に指4 本分外側に位置します。

 

両手でウエストを挟むようにして、親指をツボに当て、息を大きく吸ってゆっくり吐きながら約10秒押し続ける。これを5 回ほど繰り返します。

 

「水分」もいっしょに押すと、より効果的です。

 

 

 

 

 

次回は、「めまい」や「たちくらみ」をやわらげるツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第33回
むくみを解消するツボ 「志室(シシツ)」と「水分(スイブン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top