めまいやたちくらみをやわらげるツボ「頭の竅陰(キョウイン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第2章 生活習慣病にならないために

第2章では、具体的な症状別に効くツボについてご紹介していきます。

 

 

予兆なくめまいやたちくらみに見舞われ、びっくりしたことはありませんか?

 

今回は、そんな一瞬の出来事ながら危険なこともある「めまい」や「たちくらみ」にきくツボをご紹介します。

 

 

 

 

なんだかわからないうちに、まわりがくるくる回っているように感じる「めまい」。急に立ち上がったときに、目の前が一瞬真っ暗になる「たちくらみ」。実際に倒れてしまうこともあります。私自身も、お風呂あがりにたちくらみを経験したことがありますが、一瞬の出来ごとで何がおきたかわからず、ただただびっくりしたものです。

 

そんなときは、落ち着いてゆっくり呼吸を整え、横になって休みながら、めまい、たちくらみにきくツボを押してあげましょう。

 

めまいやたちくらみの原因は、疲れや寝不足、血圧異常、更年期障害のほか、老化現象で平衡感覚が鈍くなるなど、さまざまです。

 

東洋医学では、五臓の「肝」の働きのひとつである血液量を調整するのがうまくいかず、「血」が不足していると考えます。血液循環機能の回復を助けるツボ「頭の竅陰(キョウイン)」を押してあげると良いでしょう

 

 

 

血液循環機能の回復を助け、めまいやたちくらみの症状をやわらげます!

049-01M_Web用

「頭の竅陰(キョウイン)」

 

「頭の竅陰」は外耳の裏側の真ん中で骨の内側にあるくぼみの部分です。

 

静かに目を閉じて、ゆっくり深呼吸しながら、中指で左右同時に1 0 秒ほど押すのを繰り返しましょう。

 

血液循環機能の回復を助けて、めまいやたちくらみのもとを絶つ手助けをします。

 

 

 

 

 

次回は、最近増えてきていると言われる「ドライマウス」に効果的なツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第34回
めまいやたちくらみをやわらげるツボ「頭の竅陰(キョウイン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top