坐骨神経痛に効き目のあるツボ「承扶(ショウフ)」ほか/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第2章 生活習慣病にならないために

第2章では、具体的な症状別に効くツボについてご紹介していきます。

 

 

 

腰だけでなく、ひどい時にはお尻、足の先まで痛みを伴う辛い坐骨神経痛。

 

今回は、その「坐骨神経痛」の辛い痛みから脱出するのに効果のあるツボをご紹介します。

 

 

 

 

腰痛とギックリ腰にきくツボは、第4章に掲載していますが、ここでは、「坐骨神経痛」に効き目のあるツボを紹介しましょう。

 

坐骨神経は、下半身の筋肉を走り、支配する、人体の中でももっとも大きく太くて長い神経です。腰からお尻、太ももの後ろからふくらはぎ、そして足の裏へと続き、足の指まで走っています。そのいずれの場所にでも痛みは出るのですが、なかでも腰に痛みが出た場合がとくに辛い。腰椎や椎間板の異常が原因で、神経を圧迫して痛みが走ります。

 

ツボは神経に沿った経絡のツボを選びます。まず「承扶(ショウフ)」。お尻と太ももの境にあるお尻の溝の真ん中に位置します。両手でお尻を抱え込むようにして、左右の「承扶」を中指で同時に強く5秒ほど押し続けるのを5回。

 

次に「 委中(イチュウ)」と「承山(ショウザン)」。人に押してもらうのが基本です。親指を重ねて強めに5秒、5回ほど続けましょう。

 

 

 

神経に沿った経路のツボ押しが効きます!

 

053-04_Web用

 

承扶(ショウフ)ツボ位置

委中(イチュウ) ツボ位置

承山(ショウザン) ツボ位置

「承扶(ショウフ)」「委中(イチュウ)」「承山(ショウザン)」

 

「承扶」は、お尻と太ももの境にあるお尻の溝の真ん中にあります。「委中」は、膝の後ろの中央、「承山」は、ふくらはぎの下です。

 

「承扶」は両手で抱え込むようにして、中指で左右同時に5秒押し続けるのを5回繰り返します。

 

「委中」と「承山」は、自分で押すのは相当苦しいはずなので、人に押してもらうようにしましょう。それぞれ親指を重ねて強めに5秒押すのを5回やります。

 

 

 

 

 

次回は、空腹感を抑えてやせやすい体質に導く、「肥満」が気になる人におすすめのツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第38回
坐骨神経痛に効き目のあるツボ「承扶(ショウフ)」ほか/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top