二日酔いをふっきるツボ「内関(ナイカン)」と「郄門(ゲキモン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第3章 朝の「困った!」をすっきり

すぐ実践できるツボ押しをご紹介。

 

 

 

飲みすぎてしまった翌朝の不快感…。早くどうにかしたいものですよね。

 

そんな「二日酔いで冴えない」ときは、ぜひここのツボ押しを試してみてください。

 

 

 

 

 

飲みすぎて「二日酔い」で泣かされた経験はだれにでもあるでしょう! 胃がむかむかして、頭が痛くボーッとして表情が冴えない。そんなときにきくツボを紹介します。

 

ベッドの中で手のひら側の手首の真ん中からひじ方向に向かって指3本分のところにあるツボ「内関(ナイカン)」を左右ゆっくり気分がラクになるまで押してください。人によって押している長さは違いますが、わからなかったら2分ほど長めで。

 

次は手のひら側の手首の真ん中からひじの真ん中に向かい指4本分+3本分のところにある「郄門(ゲキモン)」を左右1分ほど押さえましょう。

 

「内関」は平衡感覚を正常にし、くらくらして気持ち悪いのを止めるのにぴったりのツボです。また「郄門」は、すみやかに邪を取り除くツボのひとつです。この2つは心包経という経絡にあるツボで六臓六腑の機能を助けて調整します。体のバランスを整えて新陳代謝を促進して水分調整をします。

 

 

 

 

長めにおせば、むかむかも頭重感もすっきりします!

056-01M_Web用

「内関(ナイカン)」「郄門(ゲキモン)」

 

「内関」は手のひら側の手首の真ん中からひじ方向に向かって指3本分のところにあります。

 

「郄門」は手のひら側にある手首の真ん中からひじの真ん中に向かい指4本分+3本分のところにあります。

 

手首の真ん中からひじの真ん中に向かって伸ばした線上の中央と測ってもかまいません。ポイントは長めに押すことです。

 

 

 

 

 

次回は、目覚めすっきり! 「寝起きが良くなる」ツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第40回
二日酔いをふっきるツボ「内関(ナイカン)」と「郄門(ゲキモン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top