一歩を踏み出す決断力がつくツボ「丘墟(キュウキョ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

【会議や接待の前に効果あり】

 

 

日ごろから自分の優柔不断さに困っている人におすすめです!

 

今回は、どんな場面でも尻込みせず、自信を持って前に進むことができる「決断力」がつくツボをご紹介します。

 

 

 

 

新しい企画を実践させようと思っていても失敗を恐れてついついしり込みしてしまう。会議で自信をもって発言したいけど迷いがある。などなど仕事のいろいろな場面で「決断」しきれなかったことを後悔することもよくおこります。

 

一歩を踏み出すためには勇気がなにより必要なのですが、なんと! そんな気持ちを促してくれるツボもあるんです。

 

人間の体には五臓の肝・心・脾・肺・腎、これに心包という臓を足して六臓があります。六腑は、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦で、たとえば「肝」で判断して「胆」で決断するというように、それぞれが影響しあっています。

 

決断力を高めるには「丘墟(キュウキョ)」のツボがいいでしょう。「胆」は、胆のうで胆汁を貯蔵する機能とともに、決断力、実行力の源でもあります。六腑の胆のツボ「丘墟」で勇気、決断力を高めましょう。

 

 

 

 

何か決断したい“ここぞ!”というときにぜひ!

063-01M_Web用

「丘墟(キュウキョ)」

 

「丘墟」は、外くるぶしの突起の斜め前下のくぼみに位置します。

 

かかとを包み込むようにして、同じ側の手の親指で5秒間ゆっくり押し、ゆっくり離す、これを7回ほど繰り返します。左右とも行います。

 

日頃から決断力に欠けると悩んでいる人、ここぞというときに、お試しください。

 

 

 

 

 

次回は、受け答えの際に「頭の回転」を速くするツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第46回
一歩を踏み出す決断力がつくツボ「丘墟(キュウキョ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top