頭の回転を速くするツボ 「百会(ヒャクエ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【会議や接待の前に効果あり】

 

 

人と話をしたり会議の際に、常にすぐに受け答えができる状態でいたいものです。

 

今回は、頭をすっきりさせて「頭の回転」を速くするツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

質問されたり、問題がおきたときに、あたふたしないで思うような回答が出せたら商談もうまくいきそう。頭がスッキリして「頭の回転」を速くし、いいアイデアを出せるような体調になるようツボで調整しましょう。

 

それには気・血・水を整えて血液循環を正常に保ち、新鮮な「気」をつくり体全体に送り出すことが大切。まず頭の中心の「百会(ヒャクエ)」から前後左右それぞれ親指幅にある「四神総(シ シンソウ)」を軽く押してください。記憶力アップの効果があり、集中力を高め、さらに決断を促してくれて、頭が活性化します。

 

それだけでなくみぞおちのすぐ下にある「巨闕(コ ケツ)」を押すと「気」のバランスも整うので落ち着いて考えることができるようになります。

 

また手足の指先をつまみ刺激するのもいいでしょう。経絡の流れから 脳を活性化します。

 

 

 

 

集中力や決断力も高め、脳を活性化してくれます!

 

064-03_Web用

 

百会(ヒャクエ)ツボ位置

巨闕(コケツ)ツボ位置

「四神総(シシンソウ)「百会(ヒャクエ)」「巨闕(コケツ)」

 

「四神総」は、「百会」を中心にそのまわりに4カ所あります。両手の中指で押すとちょっと痛みを感じるところがツボです。

 

「巨闕」は、みぞおちのすぐ下にあるツボ。大きく息を吸って、両手の中指を重ねて押さえながら、ゆっくり息を吐き出します。

 

 

 

 

 

次回は、即効性のある「あがり症」にきくツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第47回
頭の回転を速くするツボ 「百会(ヒャクエ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top