あがり症にきくツボ「合谷(ゴウコク)」と「感冒点(カンボウテン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

【会議や接待の前に効果あり】

 

 

人前で話をしようとすると緊張してしまい困った経験はありませんか?

 

今回は、5分前からでも効果が期待できる「あがり症」にきくツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

大勢の前であいさつしたり、説明するとなると、それまでの平静さを失い、カーッと顔が熱くなって極度の緊張状態になりがちな人は「肺」「大腸」タイプによくみられるようです。

 

心の状態も体が関係しています。そんなときは即効性のツボ押しで「あがり症」を撃退しましょう。

 

ツボは手の甲と手のひらにあり日頃から簡単に押せるところにあります。手の甲にあるツボはおなじみの万能ツボ「合谷(ゴウコク)」で、手のひら側にあるのが「感冒点(カンボウテン)」です。「合谷」は人差し指と親指の谷間のくぼみにあり、「感冒点」は「合谷」の裏側にあります。どちらも押すと少し痛みを感じます。

 

この2つのツボは表裏関係にあり、同時に押せるので、まずは挟むようにして揉みほぐしたら次は挟んだまま、吐く息とともに1.2.3と押し、4で離すのを繰り返しましょう。左右両方3回ずつリズミカルに行います。

 

 

 

 

すぐに緊張がほぐれ、心の状態が安定してラクになります!

合谷(ゴウコク) 感冒点(カンボウテン) ツボ位置

「合谷(ゴウコク)」「感冒点(カンボウテン)」

 

「合谷」は、手の甲の親指と人差し指のつけ根のところにあります。

 

「感冒点」は手のひら側の親指と人差し指のつけ根、ちょうど「合谷」と相対する位置にあります。

 

【もっとイイネ!】

この2つのツボは緊張をほぐしてくれる効果があるため、声もよく出てラクに話すことができるようになります。

 

 

 

 

 

次回は、脳を活性化して「記憶力がアップ」するツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第48回
あがり症にきくツボ「合谷(ゴウコク)」と「感冒点(カンボウテン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top