緊張からくる胃痛対策のツボ「神門(シンモン)」と「中脘 (チュウカン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

【会議や接待の前に効果あり】

 

 

緊張していたり心配ごとがあって、胃がキリキリ痛むことはありませんか?

 

今回は、自律神経の乱れを正し、緊張ををやわらげて「胃痛」を取り除いてくれるツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

ちょっとした心配ごとや物ごとが思うようににすすまなかったりしたとき「胃が痛くなる」のは、「心」タイプに多い症状です。 緊張でキリキリ胃が痛むのは自律神経の乱れが考えられます。 気・血・水の流れのなかでも、とくに「気」の流れをスムーズにすることにより緊張をやわらげて胃のキリキリ感を取り除きましょう。

 

「心」に重点を置いたとき、そんな症状にピッタリのツボは、手のひら側の手首の小指側のくぼみにある「神門(シンモン)」とみぞおちとお臍の真ん中にある「中脘(チュウカン)」を組み合わせて押すといいでしょう。

 

「神門」は意識や精神活動をつかさどるツボなので、副交感神経を刺激し、リラックスした気分にさせてくれます。ストレスからくる食べすぎや便秘などにもきくツボです。

 

呼吸を整えながらゆっくり押してあげましょう。左右押したら次はゆっくり中脘を押します。

 

 

 

 

落ち着いてゆっくりと押せば胃のキリキリ感がなくなります!

 

068-03_Web用

 

068-01_Web用

068-02_Web用

「神門(シンモン)」「中脘 (チュウカン)」

 

手のひら側の手首の小指側のくぼみに「神門」はあります。ゆっくりと左右押したら、次はゆっくり中脘を押します。

 

「中脘」はみぞおちとお臍の真ん中にあります。

 

 

 

 

 

次回は、何も手につかずに困ることもある「頭痛」にきくツボをご紹介します。

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第51回
緊張からくる胃痛対策のツボ「神門(シンモン)」と「中脘 (チュウカン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top