ズキンズキンの頭痛にきくツボ「中渚(チュウショ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

頭全体がズキンズキンとしたり、左右どちらかがひどく痛んだり…。頭痛は辛いですよね。

 

今回は、仕事や生活にも支障をきたす「頭痛」にきくツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

長時間におよぶデスクワークは、同じ姿勢を続けているため前かがみになりがちです。それがもとで次第に首の筋肉がこわばり、首すじや後頭部から頭にかけて圧迫感を感じるようになります。また、仕事上でストレスをうけ、 それがきっかけとなって始まる「頭痛」もあります。

 

疲れがピークになる夕方にかけて、ズキンズキンと全体に響くような痛みをともなったり、頭の左右どちらか一部がひきつるように痛んだりする人もいるようです。

 

もちろん重大な病気が引き金になっていることもあるので予断はゆるせませんが、そのときかぎりの単に肉体的精神的疲れからくるものでしたらツボ押しでかなりラクになるはずです。不快な症状に眉をしかめていると、人間関係を悪化させる原因にもなりかねません。

 

たかが頭痛とあなどることなく、頭痛にきくツボ「中渚(チュウショ)」を刺激して、すっきり軽くしておきましょう。

 

 

 

 

頭痛や首などの筋肉の緊張もやわらぎ、すっきり軽くなります!

中渚(チュウショ)ツボ位置

「中渚(チュウショ)」

 

「中渚」は、手の甲側にあって小指と薬指の間から約2㎝手首方向に下がった、少しへこんだところにあります。

 

左右それぞれのツボを親指で押さえながら頭をゆっくり前半周往復させると、首から頭にかけての筋肉の緊張がゆるみすっきりします。

 

【もっとイイネ!】

パソコンと椅子の高さが自分の正しい姿勢に合っているかも、チェックしてくださいね。

 

 

 

 

 

次回は、立っていても座っていても辛い「腰痛」をやわらげるツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第52回
ズキンズキンの頭痛にきくツボ「中渚(チュウショ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top