手首から指にかけての痛みにきくツボ 「外関( ガイカン)」深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

パソコンやスマートフォン、タブレットなどをお仕事でも使う機会が非常に増えています。

 

今回は、使いすぎによる「手首から指にかけての痛み」にきくツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

パソコンのキーを打ったり、スマホやタブレットの入力など、細かい動きを求められる操作を朝から寝る直前まで続けていることが普通になるようになりました。それにともなって「手首から指にかけて痛み」が走るという人が最近増えてきているようです。

 

知らず知らず手を酷使しているうちに気がついたら腱鞘炎に近いような痛みをともなった炎症をおこすこともあるので、ほうっておかないで、ときどき手にも休みをあげるようにしましょう。

 

休みをとっているついでに、「外関(ガイカン)」というツボを押してみてください。人差し指でゆっくり5秒押し続けて離す。これを左右7回ほど繰り返します。

 

 

 

 

人差し指でゆっくりとツボを押しを繰り返せば、痛みが軽くなってきます!

074-01M_Web用

「外関( ガイカン)」

 

「外関」は、手首の甲側で中指の延長線上を手首からひじに向かって指3本分の位置にあります。

 

左右反対の手で、人差し指でゆっくり5秒押して離すのを、左右7回ほど繰り返します。指先まできいて痛みが少なくなってきます。

 

【もっとイイネ!】

もしも痛みを感じ始めたらツボ押しの前に、手から手首全体を温めて保護することも大事です。

 

 

 

 

 

次回は、「目の疲れをとる」ツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第57回
手首から指にかけての痛みにきくツボ 「外関( ガイカン)」深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top