かすみ目を予防するツボ 「養老(ヨウロウ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

いつの間にか症状が進み、資料や新聞の文字がかすんで見えてしまうことはありませんか?

 

今回は、若いうちからの手当てが肝心な、「かすみ目」の予防にきくツボをご紹介します。

 

 

 

 

長時間パソコンやテレビ画面を見続けたりすると、目の緊張からピント合わせの機能がうまくいかなくなることがあります。それをほうっておくと知らないうちに進行してしまい、老眼でもないのに、新聞の文字がかすんで見えるようになったりすることさえおきます。

 

「かすみ目」には「養老(ヨウロウ)」というツボが大変効果を発揮します。実は「養老」はツボそのものというより「郄穴(ゲキケツ)」という経穴の部類に属し、すみやかに原因のもとを取り除く働きがあります。

 

つまり「養老」は年配の人だけでなく、若い人の疲れ目にもおすすめのツボです。

 

 

 

 

軽く刺激して揉めば、かすみ目だけでなく若い人の疲れ目にもききます!

養老(ヨウロウ)ツボ位置

「養老(ヨウロウ)」

 

「養老」は、手を軽く内側にひねるとできる、手首の小指側のくぼみにあります。

 

親指をそのくぼみに入れて、左右とも軽く刺激して揉みます。

 

■ものしり事典■

郄穴(ゲキケツ)とは、急性疾患の治療によく用いられます。邪(ジャ)を退ける力をもった経穴で、ツボはその中の分類のひとつ。なかでも郄には間隙・骨肉の間という意味があり、気血が集まり、経絡の変動が強く現れるところとされています。

 

 

 

 

 

次回は、「ギックリ腰」の特効穴といわれるツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第60回
かすみ目を予防するツボ 「養老(ヨウロウ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top