気が張りすぎてハイテンションなときに「漏谷(ロウコク)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

元気があり余り、場所をわきまえず騒いでしまう…。それはきっと気が張りすぎて緊張状態が続いているのかも。

 

今回は、そんな「ハイテンションな状態」をトーンダウンしてくれるツボをご紹介します。

 

 

 

 

東洋医学では体質を「実証(ジツショウ)」と「虚証(キョショウ)」に分けて診ることがあります。元気がなく、疲れやすかったり、体力が落ちてしまったりしている症状を「虚証」と診断し、それとは逆に、元気があり、疲労の回復が早く体力もある状態を「実証」とします。

 

自分は実証タイプだと感じる人は多いかもしれませんが、問題なのは過剰の「実証」です。声は大きく、元気があり余り、いつもハイテンション。そんな人がまわりにいないでしょうか? こんな人は実は気がはりすぎて、気が抜けず、気持ちも体も常に緊張状態にあるのかもしれません。また、怒りっぽくなるのも過剰の「実証」ですから、それは健康な状態とはいえません。

 

自分もそんな症状を感じたら、あり余る元気や気のはり方を、少しトーンダウンすると、体のバランスが良くなり、仕事や人間関係もうまくいくかもしれません。そんなときのために、「漏谷(ロウコク)」というツボを紹介しましょう。

 

 

 

 

気が張りすぎた状態を落ち着かせ、体のバランスが良くなります!

082-01M_Web用

「漏谷(ロウコク)」

 

「漏谷」は、左右両足の内くるぶしから指8本分、膝に向かって上がったところにあります。

 

足と反対側の手で、握るようにして親指で押します。息を吐きながら5秒間。左右それぞれ7回ずつ、繰り返しましょう!

 

 

 

 

 

次回は、やる気がおきないときの、「気力回復」のツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第65回
気が張りすぎてハイテンションなときに「漏谷(ロウコク)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top