元気回復にきくツボ 「関元(カンゲン)」と「足の三里(アシノサンリ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

楽しい時間も辛く大変なときも、体力がなければうまく乗り切ることができませんよね。

 

今回は、体力の回復を早めて「元気回復」にきくとっておきのツボをご紹介します。

 

 

 

 

あっという間に過ぎていく一年。それでも出来ごとによっては、ついこの間のことに感じたり、遠い昔のことに感じたりします。

 

また、春夏秋冬、その季節ごとにいろいろとイベントがあり、公私ともに、喜びや悲しみや怒りや失意など日々いろんなことが、待ち受けています。そんな時間を快適に豊かに過ごすには、いずれにしても体力がなければ、やりぬけません。

 

そこで、体力回復を早め、気力に満ちた心の状態になるためのとっておきのツボを紹介しましょう! それは「関元(カンゲン)」です。「足の三里(サンリ)」のツボとともに、体力を回復させて、やる気も出してくれるツボとして有名です。

 

「足の三里」は、膝の下の外側のくぼみから指4本分下にあって、押すと気持ちの良い痛さを感じるところです。両足にあります。

 

 

 

 

どんなときも気力に満ちた快適な時間を過ごすことができます!

 

084-03_Web用

 

084-01_Web用

084-02_Web用

「関元(カンゲン)」「足の三里(アシノサンリ)」

 

「関元」は、お臍から指4本分真下です。ふだんは力を入れにくく、弱々しい場所ですが、「関元」には元気の玄関という意味があるように力をみなぎらせるツボでもあります。そこを中心に両手全体で包み、息を吐きながらゆっくり中指で約5秒押すのを10回くらい繰り返しましょう。

 

「 足の三里」は、膝下の外側のくぼみから指4本分のところ。親指で10回ずつ押します。

 

 

 

 

 

次回は、すぐに対処できないときの「歯痛をやわらげる」ツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第67回
元気回復にきくツボ 「関元(カンゲン)」と「足の三里(アシノサンリ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top