消化を助けるツボ「脾兪(ヒユ)」と「中脘(チュウカン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【アフターファイブのセルフケア】

 

 

脂っこい食事のあとに胸やけがしたり、気持ちが悪くなったことはありませんか?

 

今回は、そんなときの胸のむかむかをすっきりさせる「消化吸収を助ける」ツボをご紹介します。

 

 

 

 

脂の多い魚や肉や揚げ物が多かった食事のあとは胸がなんとなくやけたりお腹がはったりして気持ち悪くなることがあります。そのときは気づかなくてもあとからじわじわと満腹感や膨満感がおそってくる人もいるかもしれません。飲みすぎと違って吐きたくても吐けず…このような症状になったら薬よりも消化吸収度をアップするツボに頼ってしまいましょう!

 

東洋医学では背中にあるツボを「 兪穴(ユ ケツ)」といい、お腹にあるツボを「 募穴(ボ ケツ)」といいます。それぞれ兪穴群、募穴群といってもいいほど背中とお腹にきっちり表裏関係になるように並んでいます。それだけに臓腑の状態が反応として現れやすいのです。

 

たくさんあるツボの中からおすすめは、「中脘(チュウカン)」と「 脾兪(ヒユ)」の2つのツボです。胸のむかむかが軽減してすっきりとラクになります。

 

 

 

 

胸のむかむかやお腹のはりがすぐにすっきりします!

 

094-03_Web用

 

094-01_Web用

094-02_Web用

「脾兪(ヒユ)」「中脘(チュウカン)」

 

「中脘」は、お臍とみぞおちを結んだ線の中央にあり、「脾兪」は、背中の第11、12胸椎棘(キョウツイキョク)突起間から左右外側に指2本分のところにあります。

 

お腹がはってきたり消化吸収が悪いとこのあたりがたちまち反応してきますのでそれぞれ5~10秒くらい押してあげると良いでしょう。

 

 

 

 

 

次回は、「禁煙を実現させる」ツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第77回
消化を助けるツボ「脾兪(ヒユ)」と「中脘(チュウカン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top