辛いことから立ち直り元気になるツボ「命門(メイモン)」と「腎兪(ジンユ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

 

【アフターファイブのセルフケア】

 

 

仕事のミスやプライベートでの出来事で辛い思いをし、なかなか立ち直れない…。

 

今回は、そんな状況のときに、立ち直る気力が出て「元気になる」ツボをご紹介します。

 

 

 

 

失恋や仕事上の失敗…生きていればいろんなことがありますね。ほんとうはなにもせず泣いていたいのに、そうはいきません。でも、なにかをしなければならない状況であるとか一瞬でも辛いことを忘れられるほど忙しいって、実は精神上いいことなのかもしれません。

 

たしかに立ち直るまでに時間はかかるかもしれませんが、時が必ず解決して癒やしてくれる、だから大丈夫! と自分を励ましつつ、ここで紹介するとっておきのツボを試してみてください。

 

「命門(メイモン)」と「 腎兪(ジンユ)」の2つです。どちらも「元気」の「気」が入っていくところです。

 

 

 

 

時の流れにも助けられながら、立ち直りそして元気になれます!

命門(メイモン)と腎兪(ジンユ) ツボ位置

「命門(メイモン)」「腎兪(ジンユ)」

 

「命門」は、腕をまっすぐ体側につけて両ひじの部分を結んだ線上の背骨の部分。そこから左右に指2本分外側にあるのが「腎兪」。どちらも元気になれるツボです。

 

息を吐きながら親指で5〜7秒ゆっくり押し、吸いながらゆっくり離すのを繰り返しましょう。

 

 

 

 

 

次回からは、【第5章】仕事も恋愛も成功させる「見た目」アップのためのさまざまなツボをご紹介していきます。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第79回
辛いことから立ち直り元気になるツボ「命門(メイモン)」と「腎兪(ジンユ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top