もうひとまわり小顔になるツボ/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

 

第5章 「見た目」アップで仕事も恋愛も成功させる

第5章では、美容にきくツボをご紹介。

 

 

 

性別を問わず憧れている人も多く、好感度もアップさせてくれる小顔。

 

今回は、顔を引き締めて「もうひとまわり小顔になる」ツボをご紹介します。

 

 

 

 

憧れの小顔。最近では男性も小顔がモテるようですね。もちろん顔の大きさにはもともと個人差があり、持って生まれた形は極端に小さくすることはできませんが、顔の贅肉を少なくしたり、むくみをとったりすれば見た目にはずいぶん小顔の印象を与えられるようになります。

 

無駄な贅肉をとって引き締めたいのならば、表情筋を鍛えることから始めましょう。笑ったり口を尖らせてみたり、大きく口を開いたりといろいろな表情をつくることで表情筋は鍛えられます。

 

ツボ押しは、顎の「承漿(ショウショウ)」から耳たぶの下の「翳風(エイフウ)」まで、口の横の「地倉(チ クラ)」からこめかみまで、鼻の横の「迎香(ゲイコウ)」から目尻までを、両手の中指で引き上げるようにさすってみてください。3回ほど繰り返すと顔が締まって小さく見えるようになります。

 

これはフェイシャルマッサージと方法的に同じ。時間があるときにいつでもどこでもマッサージしてみてください。

 

 

 

 

いつでもどこでもできるツボ押しで、憧れの小顔に!

100-01M_Web用

「翳風(エイフウ)」「地倉(チクラ)」「迎香(ゲイコウ)」「承漿(ショウショウ)」

 

「翳風」は、耳たぶの後ろ下のくぼんだところに、「地倉」は唇の両端いわゆる口角より約1㎝外側、「迎香」は、小鼻のつけ根にあります。顎の「承漿」から「翳風」まで、「地倉」からこめかみまで、「迎香」から目尻までのラインを両手の中指でマッサージします。

 

それぞれの始点のツボを約2秒押し、なで上げて先のツボで約2秒押さえ、それを3回繰り返します。

 

 

 

 

 

次回は、「小ジワ」が気になる人におすすめのツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第82回
もうひとまわり小顔になるツボ/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top