髪の薄さを目立たなくさせるツボ「百会(ヒャクエ)」「三陰交(サンインコウ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第5章 「見た目」アップで仕事も恋愛も成功させる

第5章では、美容にきくツボをご紹介。

 

おしゃれなヘアスタイルにしたくても、髪のボリュームがさびしいとなかなか難しいものです。

 

今回は、そんな髪の悩みのひとつ「髪の薄さ」を目立たなくさせるツボをご紹介します。

 

 

 

 

「髪」も「毛」も東洋医学では五行の「腎」に分類されます。生まれながらにもっている「精」が宿るところで成長や発育、生殖といった生命活動にかかわる重要な部位です。

 

そして毛髪はおもに男性ホルモンが影響します。男性ホルモンの分泌量が多いために薄くなるのならば「腎」を強化して頭の血行を促進し、増毛効果のあるツボ押しがいいでしょう。

 

まず「 百会(ヒャクエ)」。頭のてっぺんにあり、両耳左右を結んだところにあります。それから「 神庭(シンテイ)」。眉間中央から指4本分上の前髪際中央にあります。この2つは中指を重ねて押します。

 

3つめは「神庭」から左右それぞれ指2本分外側にある「曲差(キョクサ)」をゆっくり各5秒間ずつ押してください。そのあと「三陰交(サンインコウ)」を押します。このツボは、男性にもある女性ホルモンの分泌を高める効果があり、髪への影響力が強いので悩み解消にききます。

 

 

 3つのツボの場所は、次のページに!

シェア ツイート LINEで送る
第90回
髪の薄さを目立たなくさせるツボ「百会(ヒャクエ)」「三陰交(サンインコウ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top