ロベール・クートラスという画家をご存知ですか?

プロフィール写真

スタイリスト。東京生まれ。

数々のファッションやライフスタイル雑誌、広告などで幅広く活躍中。

もの選びの確かさと、身につけることが楽しくなるようなスタイリングが人気。

雑誌「エクラ」の表紙スタイリングや連載「いいものみぃつけた!!」なども好評を博した。

ベーシックでいて時代感覚をさりげなく取り入れたコーデイネートや、素敵なもののセレクトは、年齢を問わず参考になる。

旅好きやおいしいもの好きで知られ、、雑貨などライフスタイル提案にも定評あり。

ロベール・クートラスという画家をご存知ですか?

 

 

こんにちは、小暮美奈子です。

友人におしえてもらって、渋谷にある松濤美術館で開催中の

「没後30年 ロベール・クートラス展 夜を包む色彩」

に行ってきました。

 

ロベール・クートラス(1930~1985)はパリのモンパルナスで生まれた画家で、「現代のユトリロ」と評されたこともあったそう。

小暮クートラス1JPG

行ってよかった~!

すっかり気に入って、美術館からの帰り道に東急Bunkamuraにある

ブックショップ ナディッフモダン(NADiff modern)で作品集や、

クートラスが最晩年、同居し、彼の遺言にしたがい、作品を管理する女性、

岸 真理子・モリアさん著の「クートラスの思い出」という本も買ってしまいました。

小暮クートラス2JPG

松濤美術館外観

 

渋谷区立松濤美術館は閑静な住宅街の中にあります。

 

 

小暮クートラス3JPG

小暮クートラス4

館内…吹き抜けの階段、内部吹き抜けのブリッジ。

 

建築家 白井晟一設計の建物は重厚な石積みの外観と4階通した内部の

吹き抜けがあり、地下には池と噴水も。落ち着いた感じがします。

 

小暮クートラス5JPG

作品集「僕の夜」

 

カルトという手札大のカードの作品集。

なんともいえない兎に目が釘付けになった~

 

小暮クートラス6

ポストカードブック「夜のギニョール劇団」

 

 

小暮クートラス7JPG

小暮クートラス8

「クートラスの思い出」岸 真理子・モリア著

本のカバーにはカルトが沢山!

本を読むと、クートラスのいた頃のパリの感じや人々の様子がフイルムを

見ているように想像できて、しばしその雰囲気に浸ってしまいました。

 

 

「ロベール・クートラス」展は、3/15まで開催しています。

よかったらどうぞ。

 

 

ロベール・クートラス展 夜を包む色彩

渋谷区立松濤美術館

http://www.shoto-museum.jp

2015年2月8日~22日、2月28日~3月15日

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料:無料

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第26回
第7回
ロベール・クートラスという画家をご存知ですか?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top