OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

年齢とともに出てくる何らかの足の悩みについて

3月に入り暖かい日も増えて
散歩道も気持ち良い季節となって来ました。
美しい桜を楽しめる日ももうすぐです。

第24回『年齢とともに何らかの足の悩み』

さて、今日の毎日YOJOは、

『年齢とともにでてくる

何らかの足の悩み』

をご紹介します。

 

 

女性のほとんどの方が一生のうちで
脚や足の問題による悩みを抱えています。

 

 

 

根本的な原因がわからずに
痛みや違和感をそのままにして
症状を悪化させてしまった方を多くみます。

 

 

 

*次の項目のうち

思い当たることはありませんか?

□靴のかかとのどちらかがすり減ってしまう。
□靴が当たってすぐ痛くなる。
□なかなか自分の足にフィットする靴がない。
□足の裏にタコやマメ、ウオノメがすぐ出来てしまう。
□偏平足・外反母趾。
□股関節が痛い。
□膝や足首の関節、踵が痛い。
□足が疲れやすく、浮腫んでしまう。
O脚・X脚が気になる。
□何にもない所で良く足を挫く。
□転びやすい。
□足の爪の色が紫色になってしまう。
□重心がどちらかの足に傾いてしまう。
□つま先や足の指、関節の変形

 

 

などなど、気にはなっているのだけど
そのままにしているって事ありませんか?

 

 

老化とともに硬くなる

太もも・ふくらはぎ・足の裏の筋肉・腱や関節。
様々な痛みを引き起こす原因となります。

また幼い頃の怪我(骨折・捻挫・靭帯損傷など)が
原因となって引き起こす事もあります。
その原因が歩行や体の重心と大きく関わり
腰・股関節・膝・足首の痛みの症状となります。
靴の踵の減りにも関わってきます。

様々な痛みを引き起こさない予防としても
股関節や足首の関節を良く動かし
太もも・ふくらはぎ・足裏の筋肉をゆるめましょう。
入浴の際に湯船に腰かけて足をバタバタ動かし
お湯の中で足首を回したり、正座して
温めながら関節や筋肉をゆるめると効果的です。

 

 

 

骨盤の歪み、骨折や捻挫・靭帯損傷の怪我によって
足の長さや足裏のアーチが落ちてしまっている場合は
靴の中に中敷き(インソール)を入れる事で
重心が真ん中になり、靴の踵の減りが改善され
正しい歩行が出来るようになります。

インソールは、スポーツショップや靴店、
通販など、手軽に購入できます。
はじめて購入する際には、入れ方のポイントを
アドバイスしてくれるお店で購入すると良いです。
スーパーフィートやソルボのインソールは
質、値段共におすすめです。

 

 

 

 

インソールを入れる時のポイントは3つ
・インソールが足にフィットしている。
・靴の中でインソールが動かない。
・足首をしっかり固定出来る紐靴の方が良い。
(ヒールの靴でもフィット感があれば良い)
インソールを入れて靴の中で足が左右前後に
動いているのでは、効果がありません。

 

 

 

足元を調整する事で手軽に出来る予防として
美しい姿勢・プロポーションの為にも
インソールを試してみてくださいね。
踵の減りが気になる方にもおすすめです。

インソール

では、笑顔で元気に素敵な毎日YOJOを~

<前の記事

<前の記事
第17回/美肌づくりの近道は”首をゆるめること”…

次の記事>

次の記事>
第19回/季節の変わり目にでる身体の不調と対処法…

この連載の最新記事

怪我をしにくい体作りには、重心とバランスが大切

第50回/怪我をしにくい体作りには、重心とバランスが大切

下肢静脈瘤にならない方法

第49回/下肢静脈瘤にならない方法

効果あります! 毎日の温浴ケア

第48回/効果あります! 毎日の温浴ケア

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル