五能線と新緑の白神山地でリフレッシュ!

プロフィール写真

スタイリスト。東京生まれ。

数々のファッションやライフスタイル雑誌、広告などで幅広く活躍中。

もの選びの確かさと、身につけることが楽しくなるようなスタイリングが人気。

雑誌「エクラ」の表紙スタイリングや連載「いいものみぃつけた!!」なども好評を博した。

ベーシックでいて時代感覚をさりげなく取り入れたコーデイネートや、素敵なもののセレクトは、年齢を問わず参考になる。

旅好きやおいしいもの好きで知られ、、雑貨などライフスタイル提案にも定評あり。

2015年4月、初の著書「My Style ~スタイリスト小暮美奈子がたどりついた心地よさ」が発売に。

五能線と新緑の白神山地でリフレッシュ!

 

こんにちは、小暮美奈子です。

さて今回は青森の休日vol.2、(vol.1 弘前編はこちら)

弘前から「リゾートしらかみ」で行く五能線の旅です。

小暮白神1

「リゾートしらかみ」は、「青池」「くまげら」「橅」と3タイプの車両が

あります。私が乗ったのは「くまげら」でした。

小暮白神5

リゾートしらかみ、くまげら編成

 

先ずは青森を北上して、五所川原方面へ。

車窓からはまだ葉を付けていないリンゴの木と岩木山が。

小暮白神2

津軽富士と呼ばれるだけあって、なんだか富士山みたい..

 

五所川原を過ぎると日本海の方へ電車は進みます。

しばらくすると鯵ヶ沢の辺りで津軽三味線の生演奏が始まりました。

男女2名の演奏者が「津軽じょんがら節」など代表的な民謡を朗々と唄います。

他の車両からも見物人が大勢来て写真を撮ったり、拍手したり。

すごく盛り上がっていました。

小暮白神3

演奏はスピーカーを通して全ての車両で聞くことができます

 

そしていよいよ日本海へ。

お天気が良くてサイコーです!!

 

さすが、絶景を楽しむリゾート電車。景色の良いところでは速度を落として

運転してくれます。なんと千畳敷駅では停車してくれて、千畳敷海岸を散歩することができました!

小暮白神4

 

小暮白神6

 

小暮白神7

“殿様が千枚の畳を敷いて大宴会をした”との言い伝えがある

巨大な石畳。小説「津軽」で太宰治も書いていますね。

 

また電車に乗って日本海の景色を堪能しつつ、ウェスパ椿山という駅で下車。

目的は「黄金崎不老ふ死温泉」です。

いや〜〜〜〜、先ずは名前に惹かれちゃいますね(笑)

日本海に沈む夕日の見える、波打ち際にある露天風呂の写真を何度かみたことがあったので楽しみ〜!

小暮白神8

小暮白神9

その露天風呂は、日本海の荒波という言葉がすごくイメージできちゃうような強い風が吹いていました。お湯の色が透明感のない黄土色なのもインパクト大!この温泉に入れたので、アンチエイジング効果を期待しなくては(ムフフ)

 

憧れの白神山地への旅は、次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第26回
第13回
五能線と新緑の白神山地でリフレッシュ!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top