私の仕事場から―女っぷりを上げるコスメ達

イギリスのイラ

―女になるためのヒマラヤ産のバラのオイル

写真5

イギリスはコッツウォルズから来たイラ。

アーユルヴェーダに影響を受けた創設者が選んだのは、

バラの原産地、ヒマラヤのバラ。

黄色のベースオイルに溶かし込まれたバラの香りの濃厚なこと。

運やツキを後押しする「お守り」のようなパワーを感じるオイルです。

お顔に1滴、2滴。

ほほに紅指し、ピーンとハリを出してくれる美容液をお試しください。

いい女にはやっぱりバラでしょう!

 

イラ

フェイスオイルGR

http://www.ila-spa.jp

 

 

赤の効かせ方—リップラインの中はグロスを使う

写真6

最近復活している深紅のリップもの、

今回のイベントでもたくさん売れました。

これはドイツのオーガニックコスメ、

ドクターハウシュカのリップラインとグロスから。

いい赤でしょう!

リップラインをはっきり引いたなら、中はグロスか、

シアーで透明感のあるタイプの口紅でうめるのがおすすめ。

ハウシュカではシアー感のあるタイプはリップスティックノウムと言います。

アルガンオイルが入ってしっとり艶やかです。

マットなタイプもありますが、私のおすすめはノウム。

マットな口紅をべったり塗っては、おばさん感丸出し。

チョイスのキーは、みずみずしくて、シアー感があること。

赤が上手に使えるのも大人の特権です。

 

ドクターハウシュカ

(左上から)

リップスティックノウム12番

リップライナー03番

リップグロス04番

 https://www.dr.hauschka.com/ja_JP/

 

 

チークは練りタイプ、クリームチークが気分です

写真7

チークは大人メイクに必須。

目立つからと塗らない人がいるけれどそれはなし。

チークをしっかり入れると、なんでもない普通の洋服が

モードな感じになるから不思議です。

私の最近のお気に入りは練りチーク。クリームチークです。

パウダータイプより艶やかで、私達を元気に見せてくれます。

チークはニコリと笑った時に高くなる頬の部分に入れるのが基本。

ぽんぽんと円を描くように指先でチークを頬に馴染ませます。

写真の左はMIMC(エムアイエムシー)のクリームチークです。

鮮やかで濁りのない色が素敵です。

耳側に円を寄せたり、鼻側に円をずらしたり、

チークの場所で顔のニュアンスが変わります。

今日はどんな印象の女になりたいか、

いろんなあなたを試してみて!

チークって小道具、うんと楽しんで。

 

MIMC

ミネラルクリーミーチーク フレッシュピンク 04番

http://www.mimc.co.jp

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第18回
私の仕事場から―女っぷりを上げるコスメ達

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top