おそうじは、心の中のデトックス/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ  林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

 

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART 1

「おそうじ」や「かたづけ」でなぜ運気がアップするの?

 

少々の汚れやほこりは気にしない。散らかったものはいつかかたづけよう。

その「いつか、いつか」が積もり積もって部屋全体の空気がどんよりこもっている。

それでは良い気が逃げていってしまいます!!

 

 

 

おそうじするだけで人生が変わる!

 

読者の方からも運気が上がった体験談が続々!

 

今まで、本や雑誌やテレビ、インターネットなどを通じておそうじ風水を紹介してきました。そこで、おそうじ風水を実践してくださった読者の方からさまざまな報告が寄せられました。そのほんの一部をご紹介しましょう。

 

「玄関とトイレのそうじを続けたら、1か月後に給料がアップしました! 玄関は、たたきを週1回除菌シートで拭き、ドアやまわりの壁もきれいに拭きました。部屋にも掃除機をこまめにかけました。その成果でしょうか」(32歳女性)

 

「別れた男性と一緒に暮らしていたときに使っていたものをすべて捨て、引っ越ししました。しばらくしたら新しい彼ができました」(20代女性)

 

「プライベートも不運、仕事でも成果が出なかった友人が、半年間トイレと玄関のそうじを実践したら、同じ職種で年収1.5倍の会社に、転職しました」( 29 歳女性)

 

彼女たちの話からは、要らないものを捨て、コツコツとそうじに取り組む姿勢が感じられます。自然と潔い性格に変わり、清潔、勤勉、奉仕、努力といった美徳も身につき、周囲の人に認められていったようです。

 

 

玄関イメージ

 

 

 

住空間は心の中を映す鏡なのです

 

「何を言われても、やっぱりおそうじは億劫で……」と思う人もいるでしょう。「かたづけようとは思っているけれど、収納スペースが満杯で……」という人もいるかもしれません。でも、面倒だから、収納スペースが少ないから、などと諦めないでください。なかなか気持ちが晴れないことと、家の汚れがたまっていることは、とても似ている状況なのです。嫌なことがあった日や、気分がすぐれないときこそ、家の中のデトックスを始める好機なのです!

 

最初はどこから手をつけたらいいのか分からず、それだけでやる気が減退する人もいるかもしれません。でも、視点を変えればそうじは楽しみの時間にもできるのです。心から楽しむことが、運気アップにつながります。

 

今日は玄関、明日はトイレなどと、場所を決め、“きれい”に進化していく空間を楽しんでみませんか? 好きな音楽をかけたり、ストレッチをしながらおそうじするのもおすすめです。不要なものを捨てることで、過去の固定観念も捨て、大切なことを見極める訓練にもなります。部屋のおそうじは、心の中のデトックス効果を上げるのです。

 

 

ホテルの洗面台

 

 

 

 

 

次回からは、日本流と中国流がある「風水」についてご紹介していきます。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第4回
おそうじは、心の中のデトックス/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top