相思相愛になりたい①思い出の品を捨てる/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

 

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

相思相愛になりたい①

 

 

別れた人との思い出の品を捨てる

 

風水とは、吉相の環境を整え、幸運を招き入れるための知恵です。もしも今、好きな人との恋を成就させたいのなら、昔別れた恋人との思い出の品を家に残してはいけません。過去の異性からプレゼントしてもらったアクセサリーやぬいぐるみ、デートに着たお気に入りの洋服や一緒に写っている写真など、見るだけで当時の思い出が蘇るものを、捨てられずに保管してありませんか?

 

ものには執着が宿りますから、思い出の品に囲まれて生活をしている人は、次のステップに進めません。怒りや悲しみ、憎しみ、不安な気持ちを呼び起こさせるものは、陰の気が滞っているので、すぐに捨て去りましょう。

 

新しく陽の気を呼び込むスペースを確保するためには、3年以上一度も活用していない不要品もまとめて処分します。「また使うかも」「もったいない」と思う気持ちもあるかもしれませんが、3年以上使わなければ、あなたの人生にとって必要のないもの。大切なのは、過去に執着するのではなく、潔く捨てる判断をすること。その決断力こそが、今の好きな異性との発展につながりますよ。

 

 

P053_Web用

 

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

 

次回は、好きな人と相思相愛になりたい②使っていない不要品の整理で運気を上げる方法についてご紹介します。

 

シェア ツイート LINEで送る
第17回
相思相愛になりたい①思い出の品を捨てる/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top