日々の“ちょっとだけそうじ”が社内の人間関係を良い方向へ/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

 

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

社内の人間関係を良くしたい

 

 

靴をかたづける

 

仕事における人間関係で悩んでいる人は、足元に目を向けてください。靴は社会に見せる顔を表します。だから靴が手入れされていない人は、社会的な人間関係をうまくつくれません。

 

また人の家に上がる際、靴を揃えられない人は、社会ルールを守ない人と見られがち。社会的マナーが身につくと、礼儀正しさが生まれ、人との距離を上手にとれるようになるため、良好な人間関係づくりができます。

 

 

 

トイレのそうじをする

 

トイレをそうじすることは、金運だけでなく人間関係全般の運も高めます。

 

方法は1日ほんの数分、便器をちょっと磨くだけで充分。毎日続けていると、不思議なことに心にゆとりが生まれてきます。そして、謙虚な気持ちや人に対する感謝の念も生じます。社内でも、相手の立場を尊重できる人として、周囲からも認められる人になり、人間関係のトラブルはなくなるでしょう。具体的なおそうじ法はほかの回でもご紹介していますので、さっそく試してみてください。

 

 

 

広い窓をカーテン&ブラインドで遮断する

 

仕事で成功をしている人は、技術や人脈、運などの「良い何か」を必ず持っているものです。「良い何か」をキャッチするためには、冷静で落ち着いた精神状態を保つことが大切。ですが、二面三面がガラス窓になっている部屋は、心が落ち着かなくなりがちです。

 

また、個人的な秘密が漏れ、スキャンダルやゴシップなどに悩まされる可能性も高まります。この場合は、広い窓の一部をカーテンやブラインドで遮蔽しましょう。もちろんブラインドもこまめに手入れしたいもの。ブラインドを清潔に保つアイディアを紹介します。

 

P081-01_Web用

 

 

まず、軍手を1セット用意してください。片方を手にはめ、ブラインドを指ではさみます。そのまま横にずらしてホコリをとりましょう。もう一方の軍手は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯に浸して絞ります。その軍手をはめ、先ほどのから拭きと同様にして水拭きをします。手が荒れないように、内側にゴム手袋をはめることをおすすめします。ブラインドは押さえつけたり、曲げると跡が残ってしまいます。ブラインドに負荷をかけないように、やさしく拭いてください。

 

 

P081-02_Web用

 

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

次回は、社会的に認められたり、上司に引き立てられたいときにおすすめの「おそうじ風水」をご紹介します。

 

シェア ツイート LINEで送る
第30回
日々の“ちょっとだけそうじ”が社内の人間関係を良い方向へ/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top