ムダ遣いをなくす②食器や食品の収納の仕方で金運を高める/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

 

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

ムダ遣いをなくす②

 

 

余分な食器を捨てる

 

前回でも触れたとおり、キッチンは理財の能力を司る場所なので、きちんと収納やそうじができる人は、金運を高めることができます。いつも清潔にしておくため、必要最低限のもの以外は見えないように収納し、すっきりさせましょう。

 

使った食器はシンクに放置するとニオイの原因になります。ニオイは陰の気を呼び込むので早めに洗い、乾燥させて食器棚へ戻します。よく使う皿は棚の中段、大人数用の大きな食器は下段、カップ類は目の高さに配置するなど、使い勝手の良い配置に収納します。効率の良い食器使いができると、キッチンが活性化し、陽の気がたまります。ビジュアル的に美しいキッチンは、金運をますます高めることになります。

 

キッチンは、ものが増えて収納しきれなくなりやすい場所でもあります。食器が増えて、収納場所がなくなったときは、使っていないものから処分していきましょう。目安は2年。その間に一度も使っていないのなら処分の対象にします。また、いただきもので、ほとんど使っていない食器はネットオークションに出すとか、人にあげるなど、気に入った人に使ってもらったほうが食器も喜びます。

 

 

 

 

P095_Web用

 

 

シンクの下には食品を収納しない

 

シンクの下は、湿気がこもりがちな場所です。陰の気が滞りやすいだけでなく、保存食品や粉類、パスタ類など、食品のストックは避けましょう。湿気が食品の質を下げ、保存期間も縮めてしまいます。ごま油やオリーブオイルなどは酸化しやすいので、夏場は冷蔵庫に入れて保存しましょう。

 

また、ガス台は火を使うところなので、飲料水など、水ものの収納には適しません。風水的には「水と火の相剋」といって、相性が悪いもの。運気を下げることになります。

 

ガス台の下はフライパンや中華鍋、オーブン板など火を使う調理器具を収納しましょう。

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

 

次回は、気前よくお金を貸してしまうクセを直したい人におすすめの「おそうじ風水」をご紹介します。

 

シェア ツイート LINEで送る
第36回
ムダ遣いをなくす②食器や食品の収納の仕方で金運を高める/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top