目の衰えをストップさせたい/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

目の衰えをストップさせたい

 

 

窓を拭いて見通しを良くする

 

長時間のパソコン使用によって目が疲れている人、目が乾燥してかすむなど、目の疲れや衰えを感じることが多くなったら、窓のそうじです。風水では家そのものを人体になぞらえて考えます。外の世界を見る場所という意味で、目と窓は密接に関係していると考えられています。

 

窓そうじで一番汚れをとるのが大変なのが、サッシの部分です。長い間そうじを怠っている人の家は、溝の部分にホコリや髪の毛などが蓄積されて真っ黒になっているでしょう。量販店などに、平たいブラシに持ちやすい取っ手のあるサッシ専用ブラシがあります。そういったブラシで、ゴミをかき出しましょう。

 

ガラス部分は水拭きをします。ガラス用洗剤を薄めたぬるま湯に浸して絞ったクロスで拭くと、汚れがよく落ちます。最後にから拭きをして終了です。

 

窓拭きは、曇りの日の昼間にやるのがおすすめです。というのは、天気が良い日は、直射日光が当たって洗剤が急速に乾き、白い跡が残ってしまうからです。また外が暗い夜は、当然ですが、汚れ部分が見えにくいため不向きです。

 

 

P123-01_Web用

P123-02_Web用

P123-03_Web用

P123-04_Web用

 

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

 

 

次回は、不眠を解消したいときにおすすめの「おそうじ風水」をご紹介します。

 

シェア ツイート LINEで送る
第49回
目の衰えをストップさせたい/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top