頭の疲れ・目の疲れにきくツボ

プロフィール写真

監修/深町公美子さん

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容 (SABFA)の学校卒業後、A-ha(アハ)治療室 開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)など。

知らないうちに酷使している頭や目の疲れは、美容面にも悪影響。意識して時々休めることを習慣にしながらツボ押しでその日のうちに解消しておきましょう。

 

 

【表情もイキイキ元気に】

 

目のまわりのリンパの流れをよくすることで、 頭や目の疲れもすっきり。「四白」「睛明」 「魚腰」「太陽」のツボは、リンパの流れに沿 って押すことが大切です。

 

3Dツボ_15_1 

 

四白睛明 魚腰太陽の 探し方

3Dツボ_15_2

「四白」は瞳の真下2cm のところ、「睛明」は目 頭のくぼみ部分、「太陽」 は目尻から指2本分外側、 「魚腰」は瞳の真上、眉の中央にあります。

 

[四白][睛明] [魚腰][太陽]の 押し方

3Dツボ_15_3

「四白」「睛明」「魚腰」 「太陽」の順番にゆっく り円を描くようにマッサ ージし、その後にそれぞ れのツボを左右同時に押します。

 

 

肌の調子も整えてくれるおまけ付き!

 

顔には体とつながる6つの経絡が通っているので、顔のツボを押すことは、美容と健康にもうれしい効果があります。目の疲れが取れ ると目元すっきり! 目の下のくま解消など、内側から肌の調子を整える手助けもしてくれます。 

 

 

撮影/板野賢治 ヘア&メイク/渡辺真由美  モデル/林 加奈子 イラスト/福井信明(HOPBOX)  監修/深町公美子(A-ha治療室)  原文/佐藤素美

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top