アートの島、瀬戸内豊島で。すべてを忘れ、心安らぐ時間

プロフィール写真

スタイリスト。東京生まれ。

数々のファッションやライフスタイル雑誌、広告などで幅広く活躍中。

もの選びの確かさと、身につけることが楽しくなるようなスタイリングが人気。

雑誌「エクラ」の表紙スタイリングや連載「いいものみぃつけた!!」なども好評を博した。

ベーシックでいて時代感覚をさりげなく取り入れたコーデイネートや、素敵なもののセレクトは、年齢を問わず参考になる。

旅好きやおいしいもの好きで知られ、、雑貨などライフスタイル提案にも定評あり。

2015年4月、初の著書「My Style ~スタイリスト小暮美奈子がたどりついた心地よさ」が発売に。

前から行ってみたかった瀬戸内海の豊島(てしま)に行ってきました。

ちょうど瀬戸内国際芸術祭2016を開催中の期間でしたが、平日だったため特にひどい混雑も無く、豊島の心休まる風景とモダンアートを、穏やかな気候のなかで楽しむことができました。

 

 

瀬戸内国際芸術祭とは、2010年から瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度開催される現代アートの祭典で、今回は三回目になります。私は前に雑誌の撮影で直島、プライベートで瀬戸内生活工芸祭2012開催中の女木島、高松には行ったことがありますが、豊島へは初めてなのでとても楽しみにしていました。

 

 

岡山駅からJRで宇野駅下車。5分ほど歩くと宇野港に着きます。そこから船に乗り25分ほどで豊島の家浦港に到着です。少し歩くと猫があちこちでゴロリンとリラックス中。いや〜、いい感じです。ちょっとだけにゃんこ達と遊んでから予約をしていた電動アシスト自転車に乗り、颯爽と(笑)、島巡りスタート!

木暮_瀬戸内海_1

この船で来ましたよ〜

木暮_瀬戸内海_2

豊島のにゃんこ達

 

面積14.5㎢、人口900人の豊島は島中央に檀山があり、その山をぐるっと囲むように島を一周する道があります。先ずはその道へ出て豊島美術館を目指します。最初は平坦な道もだんだん上り坂になってきました。でもさすが電動アシスト付き自転車!ぜ〜んぜん大丈夫!!余裕です。ふふンと鼻息荒く飛ばしていると、大きな桜の木の下に無人のレモン販売の箱が見えてきました。

木暮_瀬戸内海_3

島を一周する道路、255号線

木暮_瀬戸内海_4

道路からの景色。斜面に沿って瓦屋根の家々、その向こうに瀬戸内海

木暮_瀬戸内海_5

レモン

 

 

木の板に「豊島の無農薬レモン 一袋百円」とあります。

だいたい5~6個入っているみたい。今スタートしたばかりだし、身軽に行動したい…と少し迷ったもののやっぱり100円玉をチャリン。

 

 

次のページでは豊島美術館へ!

シェア ツイート LINEで送る
第26回
第25回
アートの島、瀬戸内豊島で。すべてを忘れ、心安らぐ時間

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top