怪我をしにくい体作りには、重心とバランスが大切

プロフィール写真

体育大学卒業後、電気メーカーの営業職に。幼稚園教諭を経てアメリカへ。
アメリカ10年の滞在中に「ファミリーケア」という地域の家庭医療体制のボランティアチーム代表として活動。
帰国後、本格的に医療を学び、2002年 Familleファミーユを開業。
2012年 フェイスブックから誕生した癒しほぐし処SlowLifeスローライフ(http://slowlife-cozy.com/)を開業。
癒しほぐし人(びと)を輩出する癒しケアカンパニー(http://cozy-care.com/)代表理事も務める。
著書にフェイスブックで知り合った5人の仲間との共著「ハーフタイムとなった人生、リ・チャレンジ 輝きの今」、チームジャパンなう( http://goo.gl/1WFEJ)がある。

本格的な真夏日と思ったら

翌日には涼しくなり、

気温の変化が激しくて

体調を崩しやすい時期ですね。

 

梅雨明けもしていませんが、今年は

梅雨らしい雨もなく水不足は深刻ですね。

適度な雨が降ってくれる事を願います。

 

第55回『怪我しない身体作りには重心とバランスが大切』

 

さて、今回の毎日YOJOでは、

『怪我をしにくい体作りには

重心とバランスが大切』

についてお話しします。

 

4月中旬に人生初の骨折をし、

ただ今、完治まであと一ヶ月くらいです。

だいぶ良くなって来ましたが

怪我をしてから完治するまで

約3か月はかかると思います。

 

怪我してみて

年齢と共に目も老化しているのだと

改めて実感しました。

 

老眼が進み、リーディンググラスの

お世話になっていますが、

明暗にも気をつけなければいけません。

 

 

『夏の紫外線にはサングラスを

老眼にはリーディンググラスを

PCなどにはブルーライト防止グラスを

そして、夜の暗闇には 必ず明かりを』

これが教訓となりました。

 

 

震災などの緊急事態の時には、

もちろん水や食料などの貯えも

大事な事ですが

明かりもとても大切です。

 

突然停電になった時に

手もとに懐中電灯、ソーラーライトや
電池式の人感ライトなどは必須です。

 

真っ暗になってしまった時に
怪我をしないようにすることは

とても大事なことなのです。

 

今回怪我をしたのを機に
懐中電灯と電池式の人感ライトを
各部屋に設置しました。

 

そして怪我をしにくい体作りには
重心とバランスが大切となります。

 

 

子供達が言うには、
『よく右腕肘の骨折だけで済んだね』。
今は、笑い話になりましたが、
日頃から重心とバランスに

気をつけていたため、ダメージを

最小限に抑えられたようです。
(もちろん怪我をしないのが一番です)

 

そこで重心を整え、

バランス感覚を鍛えられる

エクササイズをご紹介します。

 

 

『壁を使った重心とバランス法』

①壁に踵・お尻・背中・肩・頭をつけて

両足に均等に体重を乗せてまっすぐに1分立つ。

 

②そのままの状態で両手を上にバンザイして1分立つ。

 

③次はストレッチボードに乗って全身を伸ばす。

(下の写真の上に写っているのが

ストレットボードです。

つま先を高い方にして乗ると

膝、ふくらはぎなどの脚裏がよく伸びます)

ストレッチボードがなければ

踵は床につけて、背中は壁につけたまま

電話帳・辞書など厚みのあるものを

2冊重ねてストレッチボードのような

傾斜をつくり、

その上につま先をのせて
アキレス腱・ふくらはぎを伸ばす。

 

④立ったまま片足ずつ靴下を履く。

 

 

簡単な方法ですが、とても効果的で
毎日のやり続けることが

怪我の予防へと繋がります。

 

 

思わぬ怪我をしない為にも
是非重心を整えてバランス感覚を
鍛えて下さいね。

 

 

では、笑顔で元気に素敵な毎日YOJOを~♪

シェア ツイート LINEで送る
第50回
怪我をしにくい体作りには、重心とバランスが大切

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(1)

    重心とバランスは全てに通じますね。
    心がけていきたいと思います。

    浩ちゃん - 2016年8月5日 12:46
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top