ボディの乾燥対策に。ライオンから「保湿成分が洗い流されない」ボディソープ登場!


気温や湿度が低下するこれからの季節、「スネや背中がかゆい」「黒いタイツに白い粉が…」「カカトがザラザラ・ひび割れてる」など、ボディの乾燥に悩まされる人も多いのでは。

ライオン1

その対策には、「保湿効果のあるボディソープを使う」「ボディクリームでケアする」などがありますが、ライオンが1000人の女性を対象にしたボディケア調査を行ったところ、ボディソープの保湿効果に満足していないと答えた人が55%、ボディクリームでケアするのは面倒でつけ忘れてしまうという人が78%という結果だったとか。

ライオン2

120年前に、たった一つの石けんから始まったライオン。この現状に向き合い、今まで培ってきた皮膚洗浄研究を基に、ゼロから日本人の「肌」と「体を洗うこと」を見直し

 

保湿成分が本当に洗い流されないボディソープ

の開発への取り組みがスタートしたそうです。

 

 

課題は、どんなに保湿成分が入っていても、すすぎ時に洗い流されてしまい、肌に残る量が少なくなってしまうということ。この解決策として着目したのは、洗剤やリンスインシャンプーなどに採用されている「複合体形成技術」

ライオン3

例えば、リンスインシャンプーの原液の中には、洗浄成分とコンディショニング成分が離れて存在します。これが、すすぎ(希釈)時には水に流されない複合体を形成するため、すすいだ後も複合体が髪に残り、なめらかな手触りに。

ライオン4

この技術をボディソープに応用するために、保湿成分約1万種類を探索。約100種類の組み合わせの中から、石けんと複合体を作ることができる成分を発見したのだそうです。

 

 

泡立て時に「保湿成分複合体」ができ、すすぎ時も「保湿成分複合体」は肌に残ったまま。だから洗浄後も肌のうるおいが保たれている。そんな日本初の「吸着保湿処方」が完成するまで、3年もの年月がかかったのだとか。

 

 

製品のご紹介は、次のページで!

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top