四季とつきあうための「習わし」/しきたり5:成人式では若者に社会の一員になった心構えを伝える

プロフィール写真

阿部 絢子

生活研究家。消費生活アドバイザー。

新潟県生まれ。 共立薬科大学卒業。 料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なア ドバイスで、出版・講演など幅広く活躍中。 著書に『「やさしくて小さな暮らし」を自分で作る』(家の光協会)『始末な暮らし』(幻冬舎)『快適に暮らす小掃除術』 『すぐにできるエコ家事』(ともに集英社be文庫)

気持ちよく暮らす「生活のしきたり」

 

 

季節の行事のすごし方や、親戚・ご近所とのおつきあい。恥ずかしくなく普通に暮らすため、カジュアルな決まり事を覚えましょう!

 

ここでは、各テーマごとに全部で84の「しきたり」をご紹介します。

教えてくださるのは、生活研究家の阿部絢子さんです。

 

 

最初のパート【四季とつきあうための「習わし」】では、日本の四季にまつわるしきたり1~21をご紹介します。

今回は、【四季とつきあうための「習わし」】から、

しきたり5:成人式では若者に社会の一員になった心構えを伝える、についてです。

 

 

 

 

●四季とつきあうための「習わし」●

 

 

季節が移り変わる日本では、季節を暦代わりにし、移りゆく季節の変化を愛でながら日々を過ごしていました。四季は暦代わりですから、四季折々が暮らしの節目ともなり、また暮らしに、その四季を取り入れる風流さも持っていたのです。着るものには、季節の模様、桜、菖蒲、花火などを描き、併せて帯にもマッチした模様を使いました。食では、必ず旬を味わい、盛りつけにも季節が感じられるよう工夫を凝らしていました。住まいでは、 、障子をうまく使いこなし、風、雪、雨などの季節を音で聴き、眺めることで、楽しんでいました。

 

季節の節目を祝う行事も、四季を暦代わりにした暮らしには、欠かせないイベントだったのです。こうして、四季に合わせた折々の行事を行うことで、暮らしは続けられ、マンネリ化しがちな日々に、変化とけじめをつける役割をも果たしていたのです。四季の変化は暮らしの変化に結びついていたのです。いま、季節感や四季を愛でることが次第に薄れつつあるようですが、すっかりなくなってしまったわけではありません。

 

季節を感じることは、充足した暮らしをおくることです。暮らしに変化をつけるためにも、季節の行事、季節を愛でる工夫を、暮らしに取り入れてみてほしいものです。

 

季節行事は、季節に合わせていますから、暮らしの節目が感じられるばかりでなく、季節を楽しむ日本人の心の表れでもあるのです。

 

季節の移り変わりや自然の色や香りを、暮らしの中に取り入れながら、ゆとりを持って、暮らしを楽しむようにしたいものです。

 

 

 

しきたり5

成人式では若者に社会の一員になった心構えを伝える

 

 

成人式の会場で騒ぐようになったのは、いつごろだったのでしょうか。かつて成年式ともいわれ、男子は十五歳、女子は十三歳で成年となり、社会に一人前として存在を認められたのです。一人前とは、例えば田を耕す力が一日一反、ものを運ぶ力が四斗俵を一定の距離背負っていくなど、それぞれの仕事で決まっており、村でこれだけの仕事ができなければ、一人前とは認められなかったわけです。一人前になることで、村の一員として神事や共同労働などに参加したり、利益配分も受けられ、また結婚の資格も得ることができるということだったのです。

 

かつてのこうした成年式は姿を消し、いまは成人式へと変わり、年齢も二十歳を一人前の男女として社会が認めることにしているのです。

 

現在では、もちろん昔のような一人前となるための種々の試験などはなく、単に年齢が二十歳になるだけで一人前としているのです。しかも社会の変容、労働形態の変化、生活環境が豊かになるなど、社会も急激な変化をしていますので、二十歳になった若者たちにとっても、かつての若者のような一人前意識は薄くなるのは当たり前のことといえましょう。

 

とはいっても、一人前となり、社会の一員になることは、いまも昔も変わりません。それは社会に責任を持つことであり、それが一人前の証であると考えることです。従って現代人として成人に達したときには、

 

①選挙権を持ち社会に参加することです
②社会ルールを守る責任があります
③社会の一員である自覚を持つことです

 

などをきちんと認識するために式があると考えるようにします。

 

また、すでに社会の一員である年配者は、人生の先輩でもあるのですから、成人式を迎える若者に対し、社会の一員としての心構えを伝えること、これが現代版成人式といえるのではないでしょうか。

 

 

成人式(しきたり5)

イラスト/みひらともこ

 

 

 

 

次回は、しきたり6:大寒から立春へ、寒い時期の家はホコリをためないようにする、をご紹介します。

 

第5回
四季とつきあうための「習わし」/しきたり5:成人式では若者に社会の一員になった心構えを伝える

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top