四季とつきあうための「習わし」/しきたり7:受験生がいる家庭での気遣いや配慮

プロフィール写真

阿部 絢子

生活研究家。消費生活アドバイザー。

新潟県生まれ。 共立薬科大学卒業。 料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なア ドバイスで、出版・講演など幅広く活躍中。 著書に『「やさしくて小さな暮らし」を自分で作る』(家の光協会)『始末な暮らし』(幻冬舎)『快適に暮らす小掃除術』 『すぐにできるエコ家事』(ともに集英社be文庫)

気持ちよく暮らす「生活のしきたり」

 

 

季節の行事のすごし方や、親戚・ご近所とのおつきあい。恥ずかしくなく普通に暮らすため、カジュアルな決まり事を覚えましょう!

 

ここでは、各テーマごとに全部で84の「しきたり」をご紹介します。

教えてくださるのは、生活研究家の阿部絢子さんです。

 

 

最初のパート【四季とつきあうための「習わし」】では、日本の四季にまつわるしきたり1~21をご紹介します。

今回は、【四季とつきあうための「習わし」】から、

しきたり7:受験生には、風邪をひかせずに、体力をつけさせる食生活に全力を注ぐ、についてです。

 

 

 

 

●四季とつきあうための「習わし」●

 

 

季節が移り変わる日本では、季節を暦代わりにし、移りゆく季節の変化を愛でながら日々を過ごしていました。四季は暦代わりですから、四季折々が暮らしの節目ともなり、また暮らしに、その四季を取り入れる風流さも持っていたのです。着るものには、季節の模様、桜、菖蒲、花火などを描き、併せて帯にもマッチした模様を使いました。食では、必ず旬を味わい、盛りつけにも季節が感じられるよう工夫を凝らしていました。住まいでは、 、障子をうまく使いこなし、風、雪、雨などの季節を音で聴き、眺めることで、楽しんでいました。

 

季節の節目を祝う行事も、四季を暦代わりにした暮らしには、欠かせないイベントだったのです。こうして、四季に合わせた折々の行事を行うことで、暮らしは続けられ、マンネリ化しがちな日々に、変化とけじめをつける役割をも果たしていたのです。四季の変化は暮らしの変化に結びついていたのです。いま、季節感や四季を愛でることが次第に薄れつつあるようですが、すっかりなくなってしまったわけではありません。

 

季節を感じることは、充足した暮らしをおくることです。暮らしに変化をつけるためにも、季節の行事、季節を愛でる工夫を、暮らしに取り入れてみてほしいものです。

 

季節行事は、季節に合わせていますから、暮らしの節目が感じられるばかりでなく、季節を楽しむ日本人の心の表れでもあるのです。

 

季節の移り変わりや自然の色や香りを、暮らしの中に取り入れながら、ゆとりを持って、暮らしを楽しむようにしたいものです。

 

 

 

しきたり7

受験生には、風邪をひかせずに、
体力をつけさせる食生活に全力を注ぐ

 

 

家に受験生がいると、何となくピリピリとした空気が流れ、腫れ物にでも触るように、家族全員が気遣いをすることになります。それは、受験という難関に向かう者自身が、間近になってくる試練を超えようと、次第に神経が尖ってきているからです。

 

といって、家族にとっては、その試練を肩代わりしたり、手伝ったり、軽くしたりすることができないもどかしさがあり、それが気遣いというかたちに表れることになるのです。気遣いは、文字通り気をつかうことですから、初めての受験生であれば、どのように気をつかっていいのか、迷うことにもなるというわけです。

 

 

受験生(しきたり6)

 

 

それでも最後に決めていくのは受験生自身です。親ができるのは、遠くから見守ることです。風邪を引かないよう、栄養が偏らないよう、集中力が発揮できるよう、食生活には十分な配慮をすることです。夜遅くまで起きていることが多いと、朝食を欠かしがちになることもあります。スープやお粥など、のど越しのよいものを、少しでも口に入れ、頭を働かせるようにします。頭がうまく働かなければ、受験には立ち向かえません。

 

頭が活性化するには、糖質やタンパク質が十分でなければなりません。パンやご飯、芋などをシッカリとることで、脳にエネルギーを与えます。タンパク質の卵、豆腐、肉、魚、乳製品などは、脳細胞を元気づけますので、パンと卵、ご飯と焼き魚、パスタとハムなどの組み合わせをいろいろに変化をつけてみることです。

 

風邪をひかないためには、ビタミンCが大切です。ほうれん草、小松菜、じゃがいも、菜の花、パセリ、クレソンなどビタミンAやCをたっぷりと含んだ野菜、みかんやハッサクなどの柑橘類、いちごやキウイといったビタミンCを豊富に含んだ果物をシッカリととるようにしたいものです。

 

 

たまには、リフレッシュの気分転換をすすめるのも必要です。家に閉じこもりがちですから、身体を動かし、外気に触れること。手軽なのは散歩ですが、ジム、水泳などに行くことでリフレッシュするのもよいでしょう。同じ姿勢を解き放ち、適度に身体を動かすように気遣うことも必要です。

 

 

 

 

次回は、しきたり8:ひな祭りは子ども用品や衣類の整理どき、についてご紹介します。

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第7回
四季とつきあうための「習わし」/しきたり7:受験生がいる家庭での気遣いや配慮

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top