「マインドフルネス」でストレス反応を引き起こす思考パターンをリセット!①マインドフルネスとは?


ストレスへの効果が科学的に証明され、数々の有名企業でも導入! 心のトレーニング法として今、最も注目を集めているのが「マインドフルネス」。今回からはその効果と方法を詳しくご紹介します。

 

 

 

キラーストレス 長谷川洋介さん

長谷川洋介さん

Yosuke Hasegawa

東京マインドフルネスセンターセンター長・ディレクター。ヨーガ・インストラクター。鍼灸師。ジョン・カバット・ジン博士による「MBSRワークショップ」修了。共著に『知識ゼロからのマインドフルネス』(幻冬舎)がある

 

 

日本の禅をルーツとし、
海外で確立された瞑想法

 

キラーストレスにも効果的と今話題の瞑想法が「マインドフルネス」です。そもそもこれは日本の"禅"がルーツ。

 

「禅は毎日のあらゆる行為を修行ととらえ、その行為に集中することが悟りを開く道としています。この禅が海外に伝わり、坐禅による瞑想がもたらす心の充足感や平穏を医療に活用できないかと、1960年以降に科学的研究が進みました。そして1979年にアメリカのマサチューセッツ大学医学部のジョン・カバット・ジン博士が、慢性疼とう痛つうの治療法として、瞑想を基盤としたマインドフルネスストレス低減法を確立。2000年代にはさらに研究が進み、マインドフルネスが、うつや認知症によって機能が低下する脳の部分を活性化することも判明。最近ではグーグルやアップルなど企業の研修に用いられるまでに。これが最近日本に逆輸入され注目されているのです」

 

では、その具体的な方法とは?

 

「私たちは、過去を思い返して悔やんだり、未来を想像して不安や怖れを抱いたりと、ほとんどの瞬間、心が“今”から離れた“マインドワンダリング”な状態です。つねに過去や未来を思い、不安や怖れ、怒りなどを感じているため、ストレス反応を引き起こしてしまうのです。一方、マインドフルネスは、瞑想をして自分の呼吸などに意識を向け“今この瞬間”に集中します。ものを食べたり、掃除をしたりといった今行っている動作に集中するのも瞑想になります。雑念が浮かんだらそれを認識し、再び呼吸など“今”に意識を戻します。今に集中すると余計なことを考えないため、ストレス反応も起こらず、心と体が一体化します。これがマインドフルネスです」

 

キラーストレス マインドワンダリング

生活のほとんどの時間を、未来や過去に思いを巡らし、不安や怖れ、怒りなどを抱いていると扁桃体が刺激されてストレスホルモンが分泌され、キラーストレスの元に。これは〝心ここにあらず〞の、心が迷走したマインドワンダリング状態

 

 

 

マインドフルネスの効果については、次のページで。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top